元人材屋が厳選!面接官が大好きな若い人像4つのパターン

公開日: : 最終更新日:2014/10/23 20代の転職講座

面接官が好む若い人材像
前の記事で、20代の人が転職する場合には、あまり世間の常識論にとらわれ過ぎないようにすること、理想の会社に転職するためにあえて一段下げた転職をして経験を積む方が良いことなど、20代の転職希望者がハッピーな転職を果たすための「マインドセット術」とでも言うべき内容の転職テクニックをご紹介させて頂きました。

ですが、どんなにマインドのセットアップをしておいても、転職には「面接官」と言う厄介な障壁が立ちはだかるのが現実問題ですから、この厄介な「番人」に対する対策をしておかないと、ハッピーな転職と言う栄冠は手に入れられない事になります。

今回の記事では、この最大の難敵である面接官を撃退!する方法に関して、元人材屋の筆者ならではのエッセンスも加えながら解説をして行きたいと思います。

それではこれから、面接官が好む20代の転職者像について、厳選した4つの要素を見ていくことにしましょう!

面接官は実績やスキルよりも「アイデア」がある若者がお好き

20代の若い人が転職活動に臨むと、書類選考対策や面接対策用に「これでもか!」とばかりの過去の自分の栄光の歴史や、「自慢のスキル」を披露しようとします。

書類選考や面接選考は自己PRの場ですから、これらの事を目一杯PRしてもらって構わないのですが、元人材屋のプロの目線から言わせて頂くと、「過剰な実績PRはあまり望ましいとは言えない」と言う事になります。

人材会社に勤務をすると、否が応でも毎日企業の人事担当者と商談などをする必要が出てきます。当然時にはお酒を酌み交わす事も出てきますので、そんな時には昼間には決して聞けない人事担当者の「ホンネの部分」を聞かせてもらう事ができるようになります。

そういうぶっちゃけトークの場で、多くの人事担当者が口にするのは、「実績とかスキルはいいからさあ、企画力とかアイデア力のある若い人いない?」という内容の話です。

現在の転職マーケットは、10年前と比べて劇的な変貌を遂げています。10年前は引く手あまただったような人が、全く買い手がつかないような状況になっているのが人材マーケットの現実です。

現在では、企業は人の育成をほとんどしないようになっています。もちろん、業務に必要な訓練などには昔と変わらずお金や時間をかけていますが、実際の現場では、仕事を教えてもらおうと受け身に考えている人は、まず通用しないような状態になっています。

一昔前までは、若い20代の新人さんであれば、ある程度までは「待ち」の姿勢でいても先輩が色々とアドバイスをくれたものでしたが、今の新人さんには、仕事は自分で見つける「攻め」の姿勢はもちろん、自ら仕事を作り出すような「創造力(想像力ではありません!)」までもが要求されるようになってきています。

「仕事なんだから言われなくてもやるのは当然だろう」とあなたは考えるかもしれませんが、「言われなくてもやる」のと「自分で仕事を創り出す」事の間には、とんでもない程の差がある事を認識されておいた方が良いかと思います。

ある程度の仕事の概要を覚えたのちに、自ら仕事を創り出し、会社に利益を還元していくためには、常に現場の課題や改善点を嗅ぎつける高度な嗅覚と、改善案を創り出す企画力、アイデア力、発想力などが必要になってきます。

要は、「ある程度までは教えるけど、あとの仕事は自分で作ってね」の要望に応えられる若い人材が求められるようになってきているので、その事を意識されると、面接でも非常に戦いやすくなるかと思います。

例えば書類選考用の職務経歴書にも、過去の実績を並べたてるだけではなく、人事担当者が見やすくするように工夫をしたり、興味を持ってもらえるような仕掛けを施すようにすると、評価が高くなる傾向があります。

極端な例ですが、文字の列記よりも四コマ漫画の方が「企画、アイデア力」と言う面ではPRにつながる、そのようなイメージです。

面接でも、その企業のホームページで「もっとこうしたら良いのではないか」とか、面接先の企業が関連するニュースを引っ張り出してきて「自分ならこうする!」と言うような「工夫する力」がある事を見せるようにするのです。

百戦錬磨の人事担当者が、若い20代のあなたに実績やスキルは求めていませんので、その辺の認識のズレだけでも補正しておけば、戦いをかなり優位に進める事ができるようになるはずです。

面接官は「準備ができる若い人」が大好きです

ぶっちゃけトークの場では、発想力の無さに加えて、若い社員の「準備力の弱さ」を嘆く人事担当者がとても多いのも事実です。

実績や数字が欲しいばかりに、若い社員さんはどうしても前に前に突っ走ってしまいがちになるのですが、そこで露呈をするのが準備の甘さです。

最近はアスリートの間でも、この「準備」と言うキーワードが盛んに語られるようになってきましたが、そのトレンドは若い20代の転職マーケットでも変わりはありません。

あと一歩で大きな契約が取れるのに、準備が万端でなかったがために大きな魚を逃してしまう若い人が多かったり、危険予知に関する準備が甘いがために、重大な事故を起こしかけたりする若い社員がよくいますが、企業の人事担当者は、こういうリスク予備軍とでも言うべき人材を一番嫌います。

準備力の高さは、面接のシーンでも色々とPRする事ができますから、自分の実績やスキル、目標などの「美しい話」ばかりを陳列するのではなく、自分の準備力の高さをPRするように発想を切り替える事が重要になります。

ネタはニュース記事などでもOKです。世の中には「失敗談」と呼ばれる様々なネタが転がっていますので、何点かネタを引っ張ってきて、「どんな準備をしておけば、その失敗は防げたのか」「再発を防ぐためには、どんな準備をしておけば良いのか?」などに関して、自分なりにまとめて、ネタ帳として持っておくようにします。

面接の中で、それらのネタを公開できる絶好のシーンは必ずやってきますので、そこであなたの準備力の高さをPRすると、面接官の目の色が変わります。

準備力の高さは、1で触れたアイデア力や仕事を創り出す能力にも直結してくるものなので、面接官の心に刺さるプレゼンを展開できるようになります。

日頃からニュースなどをそういった視点で見るようにしておくと、短期間でこの「準備力の目」というものは養う事ができますので、覚えておかれると良いかと思います。

面接官は「喉が開いている」若者がお好き

企業の人事担当者の嘆きで三番目に多いのが、この「喉の開き」に関する嘆きです。喉が開くとは、別に大きな声を出すというわけではなく、「よく通る声」で話をするという事です。

話は心理学に飛ぶのですが、人間というものは不思議なもので、話をする相手が若ければ若いほど、前提条件として「聞き取りやすい声で話をするものだ」と考えるようになるそうです。

言い換えれば、それぞれの年代なりの「適性音量」や「最適音質」などが潜在意識の中にインプットされているという事になりますから、面接官がイメージするような周波数で話をしないと、どんなに素晴らしいストーリーを話をしても、聞き手には伝わらないという事になってしまうのです。

20代の適性音量は、テレビを見ていて「ちょっとうるさいな」と感じるあたりだと言われていますので、普段から周囲の協力を仰ぎ、音量のチューニングを済ませておくようにすると、本番でも力が出せるようになります。

話し方教室などに通えばその辺の周波数合わせはしてもらえますが、自宅や友人との会食の席でも簡単にトレーニングができますので、普段から心がけをしておくようにすると良いでしょう。

三人いるなら、その三人が「ちょっとうるさい」と感じるテレビの音量にして、自分の音量をそれに合わせるようにすれば短期間で身につくようになります。

筆者がいた人材会社でも、社員全員、テレビでこの発声チューニングを行い、トレーニングをさせられていました。ですから社員は全員最適周波数。すごくコミュニケーションが円滑でした。

ちなみに一点注意点ですが、面接の当日はそれでも緊張で、この「喉の開き具合」がよくわからなくなってしまう人が結構います。

この事象に対する「事前準備」は、面接前の無言の時間を極力減らす事と、面接の最初の挨拶はちょっと大袈裟に大きな声で行う事で、対処ができるようになります。

面接前に早めに会場に到着し、喫茶店などでジッと時間を潰す人がほとんどだと思いますが、あまりそれはオススメしません、喉が閉じてしまいます。

会場のそばに着いたら、誰でもOKですから携帯で電話をかけて、閉じた喉を補正するようにしておくと、本番で困ることはありません。

周囲の目を気にせずに、少し大きめの音量で友人などと電話で話すようにすれば、緊張も解けて一石二鳥です。

面接直前の挨拶でも、ちょっと大きめの声で挨拶をすれば、喉が適正な状態で開きますし、自分の元気の良さや若さもPRできますので、これまた一石二鳥です。

小さな豆知識ですが、意外と面接官の心に刺さる部分なので、恥ずかしがらずに実践するようにしてみてください。

面接官は自分を「騙してくれる」若者が大好き

ぶっちゃけトークで出てくる面接官のホンネの最後がこの内容になります。「どういう事?」と思う人も多いかと思いますので、以下に詳しく解説をしていきます。

「自分を騙して欲しい」とは、とどのつまりは「嘘なら嘘でいいから、気持ちよく完全な嘘をついて欲しい」という事です。

面接官というと、冷徹で意地悪な人間を連想する人が多いかもしれませんが、お酒でも飲めばなんでも喋るようになる普通の人間です。

普通の人間ですから、面接をして最後にどっちにしようか悩んだ時には、決めきれなくてとても辛い思いをするという話をよく聞きます。つまり、面接官って、結構、「決めれない人」が多いのです。

そんな時に一番都合が良いのが、「自分が完全に騙されてしまう事だ」と言う話をお酒の席でする人事担当者がとても多いです。

資格や客観的な事実を騙して伝えるのは良くありませんが、「ここはちょっとオーバーに脚色しちゃってもイイかな」と思った時には、自分自身にも「これは事実だ」と暗示をかけて話をするようにすると、かなりクリアに相手を騙す事ができるようになります。

話だけ聞いていると、「そんなこと、いつでもできる」と思う人が多いかもしれませんが、面接官のホンネを事前にインプットしたり、普段からそのような「ついてもいい嘘は、自分にも事実だと思い込ませる」訓練をしておかないと、嘘を見抜くのが仕事の面接官の前では、相手をだまくらかす事は到底不可能です。

大体の面接では、最終決断をしなければならない人事担当者は、最終候補三名位で頭を悩ませる事になるのが普通です。

「もう一点であなたが勝者」などという接戦も予想されますので、そういう時に面接官が悩まなくてもいいように、ついてもいい嘘は完璧につくようにして、見事に面接官を「騙してあげる」ようにしてあげてください。

「見事に騙されてたんだけど、あの人、採用して良かったよ」などと感謝をしてくれる人事担当者、本当に多いので、豆知識として、この「完璧に騙されたい」話は頭にいれておかれると良いかと思います。

以上の4つで面接は充分!

以上、面接官が若い20代の転職希望者に求める点について、四つの事例から説明を致しました。

転職用の書籍など読むと、それこそ「そんなに色々と対策していたら、対策で一年位かかりそう」と思うほど膨大なハウツーが紹介されていますが、今回挙げた4つの事柄と、あとは自分ができそうな対策だけピックアップして事前に「準備」をしておけば、それだけで充分です。

膨大すぎる情報は、逆に核心部分を希釈してしまったり、論点をブレさせてしまったりして良い作用は及ぼさないものですから、情報仕入れはそこそこに留めておくのが面接を突破する秘訣になります。

前回の記事で、せっかく目標を一段下げて、書類選考や面接のハードルを低くしたのに、膨大な情報で消化不良を起こしてしまっては、通る面接でさえも通らなくなってしまいますから、注意をして頂きたいと思います。

20代の面接では、相手もそれほど多くの事は望んできませんので、その心構えから設定しておく事がキーになってきます。

面接官の心理を先読みして、ぜひとも栄冠を手にいれて頂ければと願うばかりです。

次の記事>>動くか動かないか決められない人に送る4つの言葉

関連記事

tensaku-20-1-s

20代の転職が、全世代の中で実は一番難しいと腹をくくれ!

転職の問題で悩んでいるからこそ、このサイトを訪れて頂いた方も多いかと思いますが、のっけから厳しい

記事を読む

こんな転職理由の20代は、まだ転職するな!

20代の方の場合、転職理由を聞けばその人が転職した方が良いのかしない方が良いのかが、だいたいわか

記事を読む

tensaku-20-4-s

20代の転職。動くか動かないか決められない人に送る4つの言葉

20代の転職に関して、これまで「あえて遠回りをした方が良いこと」、そして「遠回りをした場合(ワン

記事を読む

tensaku-20-2-s

20代でハッピー転職を果たすなら、「一段下げ技法」を使え!

20代の転職、実は簡単ではありません 転職に際しては「年齢」というキーワードが非常に重要になり

記事を読む

tensaku-20-sam6

20代の転職希望者がやってしまいがちな、避けたいタブー4選

20代の転職希望者が気をつけるべき事について、様々な視点から参考にして頂けるような情報を提供させ

記事を読む

tensaku-20-5-s

転職で参考になり過ぎる、中国人の転職マインドとは?

20代の方が転職をしたいと思った時に、意外にも参考になるのが、中国人の転職に対する考え方です。

記事を読む

PAGE TOP ↑