20代の転職。動くか動かないか決められない人に送る4つの言葉

公開日: : 最終更新日:2014/10/23 20代の転職講座

決められない人に送る4つの言葉
20代の転職に関して、これまで「あえて遠回りをした方が良いこと」、そして「遠回りをした場合(ワンランク落とした場合)でも、面接で足元をすくわれないために知っておくべきこと」について説明をしてきました。

しかし、20代の人には、こんな悩みを持っている人も多いかと思います。
それは、「今、動くべきかとどまるべきか、それが決められなくて悩んでいる」という悩みです。

今の大人(ここで言う大人は、人生の先輩たちの事です)は、頼りないですよね。実際、頼りにならない大人が本当に多いのが現実だと思います。

自分のお手本になったり、何でも兄貴肌で相談にのってくれるような大人が本当に少ないですから、人生の大きな決断である転職に関して、どのように決断をすべきか、判断できずに苦しんでいる20代の方が本当に多いのではないかと思っています。

そんな、周囲の大人にも恵まれず、ゆえに、転職をすべきか否かが決断できないでいる20代の方のために、重大な決断をするための判断材料として使って頂けると思う4つの言葉をお伝えしたいと思います。

給料に不満なだけなら動くな!

筆者が人材会社に勤務をしていた時に、転職に失敗した人の8割を占めていたのが、給料に不満を抱き転職を決意した人々でした。

仕事をする上で給料は非常に重要な要素ですが、待遇面が転職動機の最上位にくるような人は、動かずにしばらく今の会社で頑張った方が良いと言えます。

20代でもバリバリ活躍して、バリバリ稼いでいる人は確かにいますが、それは極めて少数派。ほとんどの20代の人が、やりがいのある大きな仕事を任せてもらえず、ゆえに給料も「大満足」とは言えない金額しかもらえず、という状況の中で頑張っています。

そんな中でも我慢して、雑用でもなんでも買って出ているうちに、スキルとはまた別の「我慢をする力」というものも身に付いてきますので、給料面だけが不満ならば動かない事が得策です。

動いたところで年収1割、良くて2割アップが関の山。期待した分だけのアップ率には遠く及ばないのが現実ですから、「こんなはずじゃなかった!」となるのは目に見えています。

隣の芝生は確かに美しく見えるかもしれませんが、給料の面では勝負になるのはまだまだ先の40代以降の事ですから、「給料が不満」というだけならば、今の職場に留まって、ご自身の現状を再度分析されてみる事をおすすめします。

ジョブカードが書けるか試してみろ!

「給料には強い不満は無いよ。でも、職は変えたいなあと思っているよ」という人は、一度、ジョブカードというものを書いてみる事をおすすめします。

ジョブカードとは、ハローワークなどで手に入る自分の職業適性やキャリアなどを再確認するためのシートのようなものなのですが、お役所が作った割にはこのシートに書かれている質問が結構秀逸で、意外な自分の側面を掘り出すのにかなり役に立ちます。

筆者も民間の人材会社にいましたので、「役所の作るものなんか」とはじめはバカにしていたのですが、20代の若い転職希望者の「ある傾向」をつかむのに非常に役に立ったので、とても驚いた事をよく覚えています。

ジョブカードの質問内容にテキパキと回答が出せる人は、転職を希望してもかなり容易に転職先を見つける事ができて、しかも、転職先でハッピーな人生を手に入れる確率が物凄く高かったのですが、ジョブカードの設問になかなか回答を書き入れられないような人は、「どうもうまく転職先が見つからない」とか、「やっと転職先が見つかっても、結局すぐに辞めてしまった」など、決してハッピーな結末を迎える事はできない人が多かったです。

この傾向はかなり顕著でしたので、ぜひとも参考にして頂きたいと思います。

ジョブカードを使うことで、自己分析がどの程度正確にできているかどうか?という事が判断できるようになるわけですが、転職の機が熟している人は自己分析のスピードが本当に速いですし、自分の歩むべき方向性もはっきりしています。

逆に転職の機が熟していない人は、自分の適性を正確に把握できていないので、進むべき道筋にブレがあり、お金などの条件にどうしても走ってしまいがちになります。

ジョブカードはインターネットでもダウンロードする事ができますので、転職すべきか否かで決断できないでいる方は、自分がジョブカードをスラスラと書くことができるかどうかを試してみると良いかと思います。

スピーディーに明確にジョブカードの空欄を埋められたならば、転職の機は熟していると判断できますので、本格的な転職活動をにGOサインを出しても問題は無いでしょう。

肩書きが無くなっても会ってくれる人の数を数えてみろ!

これは特に営業系の仕事をされている方向けの話になるのですが、転職すべきかどうかを決断できない時には、「もしも今の自分の社名や肩書きが無くなったら、会ってくれる人が何人いるかを数えてみる」というアクションをおこしてみることをおすすめします。

名刺をずらりと並べてみて、肩書きが無くなった場合でも、あなたに会ってくれる人が10人以上いるかどうかを数えてみてください。

別に技術系の仕事をしている人だって、経理の仕事をしている人だって構いません。作業は同じです。

どうでしょうか?意外と10人並べるのって、かなり大変だという事に気付かれるかと思います。

肩書きが無くても会ってくれる人というのは、すなわちあなたが今まで築いてきた仕事の歴史そのものなわけですから、この作業は、今いる会社での「仕事のやり残し」を確かめるのにとても有効な作業になります。

会ってくれそうな人が10人に満たない場合には、今の会社でまだまだやり残した事があると判断できますので、もう少し我慢をすべきだというのが筆者の考えです。

肩書きが変わっても会ってくれる人というのは、次の職場へもお土産として持っていける貴重な財産ですから、これが10人に達していないならば、新しい職場に首尾よく入れたとしても、そのあとの活躍はあまり望むことができません。

肩書きが変わってもあなたに会ってくれる人の数が10人に達するまでは、せっかく築いてきた今の仕事を続ける方が、ご自身にはハッピーな事だと私は考えています。つまり、転職のアクションを起こすには「まだ早い」という風に判断すべきなのです。

逆に、肩書きが変わってもあなたに会ってくれる人の数が10人に達しているのに転職すべきか否かで迷っているならば、思い切って動いた方が良いと判断できます。

30代からは、仕事のスキルとは別に人脈スキルと言うものが重視されるようになってきますので(転職すると、人脈スキルは特に強く要求されるようになります)、20代の時はその準備に充てる事が重要です。

転職に迷っているならば、トランプゲームのように10人のボーダーラインに挑戦をしてみると良いでしょう。

「会ってくれる人が10人いるなら迷わず動く。10人に満たないなら、今の職場でもう少し頑張る」

この判断を見誤らないようにしてください。

「規模」か「質」かを他人に語れるか確認せよ!

最後の4つ目はこの言葉です。

まだ若年層と言える20代であっても、転職のアクションを決めるならば、せめてこの2点について自分がどの程度の意識を持っているかを確認しておく事が重要になります。

「規模か質か」とは何かというと、自分の意識の中で、「大企業の中で生きて行くのかor小さな企業でもスペシャルなスキルを身に付ける道を選ぶのか」をある程度はっきり決めておき、友人や知人(できれば目上の人が望ましい)にそれを言葉でしっかりと説明できるかどうかを確認しておくと言う事です。

20代にして、「自分にはやりたい仕事はどうやら無さそうだ」と思ったならば、早めに規模の大きな会社に転職をしてしまうのも一つの良策になります。その考えを他人に語って、相手に納得をしてもらえるレベルまで「クリアな信念」になっているかを確認しておく事が重要です。

同じように、「やりたい仕事が見つかっている」と言う人は、小さな企業でも構わないので、自分が頑張っていける自信がある事を他人に説明をしてみるトライをしてみて下さい。

「とにかく大きな会社に入りたい」「こういう仕事がしたいから、専門会社に入りたい」

他人を前にして、自分の意識をどの程度明確に話せるものか、一度実験をしてみて下さい。相手の反応で、自分の「転職タイミング」がどの程度まで熟しているのかを判断する事ができます。

「なんか伝わらないなあ」とか「無理してない?」などと言われたならば、自分の生きる道もまだあやふやだということですから、無理して転職と言うイバラの道に進むのはちょっと待った方が良いでしょう。

逆に、「いいじゃない!大きな会社に入りたいっていうのだって、立派な転職動機だよ」とか、「スペシャリストで生きていくなら、応援するよ」などと言ってもらえるようならば、信念は確固たるものになっていますから、どんどん動いてしまえば良いでしょう。

その辺りの信念の「堅牢さ」というものが、イコール転職動機や志望動機となって面接官にも伝わりますから、まずは自分自身を納得させ、次に周囲の人間を納得させてから、動くか否かを判断する事が重要になります。

迷った時は、この4つの言葉を思い出して!

20代と言う年代は、人生を決めるにはあまりにも若い年代です。転職と言う大きな決断をするには、あまりにも経験不足で、周囲の大人達も頼りにならないのが現状かと思います。

ですが、動くべきか否かをある程度客観的に分析できる方法はキチンと揃えられているのもこれまた事実です。

転職と言う大きな決断をするための判断基準の一つとして、これらの4つの言葉を覚えておいて頂ければと思います。

次の記事>>参考になり過ぎる、中国人の転職マインドとは?

関連記事

tensaku-20-3-s

元人材屋が厳選!面接官が大好きな若い人像4つのパターン

前の記事で、20代の人が転職する場合には、あまり世間の常識論にとらわれ過ぎないようにすること、理

記事を読む

tensaku-20-sam6

20代の転職希望者がやってしまいがちな、避けたいタブー4選

20代の転職希望者が気をつけるべき事について、様々な視点から参考にして頂けるような情報を提供させ

記事を読む

こんな転職理由の20代は、まだ転職するな!

20代の方の場合、転職理由を聞けばその人が転職した方が良いのかしない方が良いのかが、だいたいわか

記事を読む

tensaku-20-2-s

20代でハッピー転職を果たすなら、「一段下げ技法」を使え!

20代の転職、実は簡単ではありません 転職に際しては「年齢」というキーワードが非常に重要になり

記事を読む

tensaku-20-1-s

20代の転職が、全世代の中で実は一番難しいと腹をくくれ!

転職の問題で悩んでいるからこそ、このサイトを訪れて頂いた方も多いかと思いますが、のっけから厳しい

記事を読む

tensaku-20-5-s

転職で参考になり過ぎる、中国人の転職マインドとは?

20代の方が転職をしたいと思った時に、意外にも参考になるのが、中国人の転職に対する考え方です。

記事を読む

PAGE TOP ↑