30代の転職で成功する秘訣は、複数内定を目指す点にアリ!

公開日: : 最終更新日:2014/10/23 30代の転職講座

成功の秘訣は複数内定を目指すことにあり
30代の方の転職事情に関しては、「一番の売り時を逃すな!」という立場に立って、これまで多くの情報を提供させて頂いてきました。

どの企業も、人材の育成にはお金をかけなくなってきており、アウトソーシングの意識が転職マーケットにまで押し寄せてきているのが現実です。

30代に求人ニーズが高まっている理由も、企業のアウトソーシング意識と密接な関連性があります。

「出来上がった人材を外注で調達してしまおう」。この考え方が今後ますます定着していく事が予想されますので、30代の転職希望者の方には、まずはじっくりと腰を据えた戦略的な転職活動をして頂きたいと思っています。

これまでも、サイト内の別のコラムで、一年かけて準備をしたり、海外にまで目を向けて「オイシイ転職」を果たす方法などを紹介させて頂きました。

今回はそれらの情報に厚みを持たせる、「複数内定を狙っていく」という転職スタンスについてご紹介をしていきたいと思います。

一社内定を目指すと転職は失敗する!?

のっけから挑発的な見出しで恐縮なのですが、長い間人材会社で「転職の真の現場」というものを見ていると、特に30代の転職に関しては、この見出しのような文言が当てはまる事が痛感できるようになります。

30代の転職マーケットが売り手市場なのはいうまでもない事ですが、それはちゃんと戦略的な転職活動をしている人に限定される話で、誰もかれもが第一志望の転職先から内定をもらえるわけではありません。

多くの人が、「何とか一社は内定を」という意識で転職活動を行い、いっぱいいっぱいの中で何とか内定を勝ち取るわけですが、そういうケースでは大抵の場合、転職後にすぐに辞めてしまったり、「こんなはずではなかった」という後悔ばかりを抱えて、悶々としたサラリーマン生活を送る羽目になってしまったりします。

「一社受かればOK」という意識では、どうしても準備に不足が出てしまったり、自分に甘えが出てしまうケースが多くなります。

人間ですから、誰しもが最低限の労力努力で最高のリターンを得たいと思うわけですが、それは転職後のビジネスシーンで展開すべき価値観であり、転職活動においてはマイナスになる価値観であるという事は肝に命じて置かれた方が良いでしょう。

「一社だけなんとか希望の会社に入れれば、それで結果OK」と考えるのではなく「三社内定を取って、その中から最高の転職先を選んでやる」という気概で臨めば、多くのケースで目標よりも多くの内定がもらえるようになり、結果としてハッピーな「転職後」をゲットできるようになります。

受験勉強をしていた頃の事を思い出して頂きたいのですが、みなさんは志望校の設定をどのようなイメージでおかれていたでしょうか?

恐らく、最難関校に入れるような勉強をしていた人は最難関校もしくは難関校に合格し、難関校を目指していた人が、難関校もしくは中堅校に合格をするという結果に終わったのではないでしょうか。

80点を取るためには80点を狙うのでは駄目で、100点を狙う勉強をしなければ、80点を取る事はできないのです。

転職活動も同じで、三つ四つと内定をゲットしてしまおうと貪欲に振る舞う人と、「何とか一社」と消極的に考えるのでは、自ずと結果は変わって来ます。

筆者が嫌というほど見てきた事実で、特に30代の方に顕著になる傾向なので、この事はぜひとも覚えておいて頂きたいと思います。

複数内定を目指すと幅広い視野で準備に取りかかれる

「なんとか一社」というスタンスと、「三社も四社も」というスタンスでは、準備に取り掛かる視野自体が大きく変わってきます。

別のコラムで、30代の転職活動はたっぷりと準備期間を設定する事が重要だという点を解説しましたが、準備の期間だけでなく「準備の内容」を充実させる事で、転職後の人生は大きく変わっていくのだという事も理解をして頂きたいと思います。

準備期間を長く設定する事はとても重要ですが、準備の質や「仕上がり像」にも徹底的に高いクオリティを設定する。その気概が本当に重要です。

同じ業種であっても、要求されている人材スペックが全く同じな求人案件というものは存在しません。実務寄りな人材を求めていたり、マネジメント力をより強く求めていたり、ワンランク上の資格を求めていたりと、同じ業種、職種の求人案件であっても、要求されるスペックは様々です。

それらに全て応えようと準備をすると、必然的に視野が広がっていき、「必要な準備は何か?」という事が具体的に見えるようになってきます。

簿記三級を持っていれば十分と思っても、複数内定を狙っていけば、実はファイナンシャルプランナーを持っていた方が相当に有利になる点などが見えてきたりします。

ファイナンシャルプランナーの資格を持つ事で、自分の経験に資格をプラスすることで、別の業種にトライができる可能性を見出す事もできるようになります。

負担は増えますが、確実に視野を広げる事ができるようになりますので、案件豊富な30代の転職マーケットに、さらなるアドバンテージを持って臨む事ができるようになります。

自分に足りないものが明確になる

複数内定を狙っていくと、視野が広がるだけでなく、このようなメリットを得られるようにもなります。

転職活動で色々な準備を行っていると、時に迷い、自分の方向性を見失ってしまう事がよく起こります。いわゆるスランプですね。

そのような時には、自分により多くの負荷をかけた方が、スランプから脱出しやすくなります。

スランプ時により多くの負荷を自分にかける事はつらい事ではあるのですが、ここで負けてしまっては大きなチャンスを逃してしまう事になります。

30代の活気と経験のある戦力を企業は求めているのですから、「ハッピーな転職後」を手に入れるためには踏ん張るようにしましょう。

複数内定を狙っていくと、自分に足りないもの、解決すべき課題などが明確に見えるようになってきます。

一社だけなんとか内定をゲットできればいいやと思っていると、自分自身を一点からしか見なくなりますので、スランプにはまると抜け出すキッカケさえつかめずに、最悪の場合は自滅してしまう事すら起こります。

ですが、複数の企業から内定を得ようと準備を進めると、三点四点いう視野から自分を俯瞰的に見るようになりますので、見えなかった弱点が良く見えるようになります。

次から次に、常に課題が見えてくる状況というものは、精神的にはとてもつらいものですが、しかし、「何が問題なのかがわからない」という状況よりははるかにマシです。

営業スキルは十分だと思っていても、多くの企業から内定を得ようと準備をしていたら、「実は提案のアイデア素地を作る能力は弱い事に気付いた」などという事が良く起こります。

売るのは得意だが、実は売っているのは他人が考えたものばかりだというのでは、「薄っぺらい営業さん」になってしまい、30代の後半からは企業内で通用しなくなってしまいます。

自分で考え、工夫し、改良できる「創造的営業マン」というものは、企業が喉から手が出るほど欲しがる人材ですので、弱点がわかったならば、それを補正するような努力をして行けば良いのです。

この辺りのハイレベルな課題捻出は、複数内定を狙って高い負荷をかけている人でないと成し遂げる事はできません。

30代の人に求められる、「問題発見能力」や「問題解決能力」の研ぎ澄ましにも繋がっていきますので、面接時のPRにも使える「おいしいネタ」にもなります。

自分のスキルアップや、「自分が知らなかった自分の能力」の発見にも繋がりますので、ぜひとも高い努力目標を設定して頂きたいと思います。

複数内定を得れば、転職後に自信になる!

複数内定を狙って努力をする事で、自分の能力が研ぎ澄まされていく事は、何となくイメージができるようになったのではないかと思います。

ですが、複数内定を狙う本当のメリットは、転職後になって初めて現れるようになります。

それは、見出しにもあるとおり、複数内定を得た事が、自分の大きな自信になるという事です。

30代の方が転職を果たした場合、実は本当の勝負は新しい会社に入ってから始まります。

伸びしろがまだたくさんあり、かつ、即戦力としても期待ができる30代という戦力は、転職先で大きな期待を背負って、アウェイの状況下で自分のベストのパフォーマンスを出す事を要求されるようになります。

30代の転職が、20代40代に比べて相当に有利である点は何度も説明していますが、その代わり、入ってからの重圧、期待値というものは、20代40代のニューカマーに寄せられるそれとは全く別物である事は、知っておく必要があります。

「新しい会社は、いい人ばかりで良かったよ」と思うのは結構ですが、ご自身の実力がどの程度か、常に観察され、査定されている現実は知っておく必要があるでしょう。

そんな中で自分を支えてくれるのは、多数の企業からもオファーをもらったんだという確固たる自信だけです。

一社から内定を得ただけの「ギリギリ合格」では、大きなプレッシャーと好奇な目線の中で自分の力を出す事はとても難しいです。

第一志望の会社に見事に転職を果たしても、その後を追いかけるとどうも顔色が冴えない人がいるのですが、そういう人は大体が複数内定を得ていない人です。

筆者も首尾よく希望の企業に入ったのに、潰れていってしまった人を何人も見てきましたが、ほとんどの人が「ギリギリ合格」の人でした。

大きな期待値に応えるためには、準備期間にしっかりと準備をした実績と、複数企業に必要とされたという自尊心がどうしても必要になります。

転職を果たす真の目的は、入りたい会社に入るためではなく、「入った会社で幸せになるため」であるはずですから、複数内定を狙う事で、その素地を整えて頂きたいと思います。

転職活動は、自分を見つめ直す為の時間と考えよ!

30代というものは、社会の中核に入りこむための重要な「助走期間」ですので、人生の中で一番忙しい年代だという事ができます。

日々の押し寄せる業務に追われて、「自分を見つめ直す」「自分の方向性を確認する」時間など全く無いのが実情だと思います。

ですが、そんな状況だからこそ、せっかく思い立った転職活動という活動の中で、自分を見つめ直すという事を意識して行って頂きたいと思います。

複数内定を狙っていくと、本当に良く自分自身というものが見えるようになります。

「俯瞰的に自分を見れるようになる」という話を先ほどしましたが、実はこの「俯瞰的に見る」という行動は実践が難しく、意識して訓練をしておかないと絶対に身に付かないスキルです。

30代の社員には、プレイングマネージャーとしての役割が期待されますので、常に俯瞰的に自分を見つめて、進む方向を間違わないようにする能力が必須になります。

その能力を研ぎ澄ますためには、転職活動などの高い負荷がかかる行動が最も効果的だと言われています。

複数内定を狙っていくと、その負荷が何倍にもなりますから、イコール俯瞰的に物事を見るスキルも数倍の効率で磨かれて行く事になります。

充実した転職活動をして転職を果たし、入社後に筆者のもとに遊びにきてくれる方が結構いるのですが、みなさん、登録に来た当初とは別人のような「ゆとり」「どっしり感」を身に付けておられるケースが多いです。

そのことを指摘すると、みなさん、「転職活動の辛さが良かったんだと思います」と揃って口にされます。

お世話をした人間としては誠に嬉しい限りですが、そんな時は改めて目標を高く設定する事の重要性を再確認させられます。

スキルアップにもつながり、自身の弱点、課題点を見出す能力をもアップさせ、人間的にも大きくなって、俯瞰的な視野の育成にもつながる。

たかが転職活動ですが、されど転職活動です。生命活動を保証してくれる運命共同体を探す作業が30代の転職活動というものですから、複数内定、五社も六社も内定をゲットしてしまうような気概で、転職活動に臨んで頂ければと思います。

転職活動の時に、苦労を買ってでもしておいた方が、転職活動の結果自体もより良いものになる確率が高くなりますし、その後のサラリーマン人生も「楽で楽しい」ものになります。

せっかく決意して臨んだ転職活動ですから、より良い結果を出して頂きたいと思うばかりです。

関連記事

30代転職者に求められているのは「マネジメントスキル」と「問題解決能力」

30代転職者に必要なものは実務能力だけではない! 30代転職者に求められているものとは、何だと

記事を読む

tensaku-30-3-s

あなたはどっち?30代転職で失敗するタイプ、成功するタイプ

多くの30代の転職登録者の相手をしていると、転職に成功するタイプ、失敗するタイプという二局が気持

記事を読む

tensaku-30-5-s

30代の戦力を異常に欲しがっている意外な場所とは?

本サイト内でも再三触れてきましたが、転職市場で最もニーズが高く、かつ高い値段が付くのが30代の「

記事を読む

tensaku-30-2-s

30代転職は12か月計画で行うと成功する4つの理由

「転職に最も有利な年代は?」ともしも問われたならば、筆者は間違いなく「30代」という風に回答する

記事を読む

tensaku-30-1-s

35歳転職限界説は嘘!周到な準備で良い転職を達成する方法

30代というのは転職が難しく、「35歳転職限界説」などに代表されるように、転職のラストチャンス的

記事を読む

tensaku-30-4-s

企業理念が鍵!30代面接トークを劇的に差別化する技術を公開

ありきたりな企業理念トークも使い方次第で伝家の宝刀に変わる 転職をする時に、志望動機の中に志望

記事を読む

PAGE TOP ↑