20代の転職希望者がやってしまいがちな、避けたいタブー4選

公開日: : 最終更新日:2014/10/23 20代の転職講座

tensaku-20-6
20代の転職希望者が気をつけるべき事について、様々な視点から参考にして頂けるような情報を提供させて頂いておりますが、どのコラムでも共通する事項は「20代はとにかく経験が足りない」という内容の事です。

まだ社会に出てから、高卒の人であっても10年選手が良い所。どうしたって人生も、そして社会人の経験も足りないというのが20代の転職希望者の現実である事には間違いがありません。

以前のコラムでも、「20代の転職支援が、一番割に合わない」という趣旨の事を書きましたが、元人材屋の筆者から言わせて頂けば、その文言に偽りはありません。

転職という大人の駆け引きが必要なゲームにおいては、経験不足というのはやはり致命的にもなるマイナス要素ではあるのです。

ですが嘆いてばかりいても話は前に進みませんね。

一回目標を下げてあえて遠回りをして転職成功を勝ち取る「一段下げ技法」や中国人の転職マインドを参考にするマインドセット法など、以前のコラムでもその経験不足を補うテクニックについては、色々と紹介をさせて頂きました。

今回のコラムでは、それら好評を頂いている経験不足を補う為の、さらに厚みを加えたテクニックについて、ご紹介をさせて頂こうと思っています。

名付けて、「20代の転職希望者がやってしまいがちな、避けたいタブー4選」

では、早速そのタブーを見ていくことにしましょう。

やってしまいがち!避けたいタブー4選

面接後のお礼状、出し忘れていませんか?

筆者が人材会社に勤務していた時に、登録者に一番「やってはいけないタブー」として教えこんでいたのが、「面接の後のお礼状を出さない、もしくは出し忘れる」というタブーでした。

20代の転職希望者の社会人経験が不足している事は、人材屋がどうこうしようにも、どうしようも無い事ですので、その話はここではおいておくことにします。

ですが、転職活動中に面接のお礼状を出さない、もしくは出し忘れるという行為は、いくら若い20代とは言っても、マイナスになり過ぎるタブー行為ですので、この点だけはぜひとも注意をして頂きたいなと思っています。

30代、40代の転職希望者の方に話を聞くと、ほとんどの人が面接後にはお礼状を出すという話をします。(当然の事だとおっしゃいます)

ですが、この質問を20代の転職希望者の方にぶつけてみると、驚く無かれ、「え?何ですか、それ?」という反応が返って来る事の何と多いことか!

筆者は人材会社に入った直後は30代のお世話をする担当だったので、まさか20代の方に面接のお礼状を出さない人が多いという話は知りもしなかったのですが、20代の担当になってからその現実を目の当たりにするようになり、ショックで頭を抱え込んでしまう事もありました。

企業の人事担当者という仕事は、本当に忙しい仕事です。

大きな企業でも、小さな会社でも、人間を一人雇い入れるという事は非常に作業量が必要になる仕事なので、書類選考の時に書類に目を通す5分も、10分ほどの面接の時間も、彼らにとっては貴重な時間を割いての作業になっているのです。

貴重な時間をあなたの為に捧げてくれたのですから、簡単なメッセージで良いので手書きでお礼状を出すのは、社会人として、いや、成人した一人の人間として大切な行動になります。

「古い風習だ」とばかりに、お礼状には気もかけない人事担当者も結構いますが、それを出しておくのと出さないでおくのでは、首尾よくその会社に入った後の対応にも変化が現れてきます。

クールで意地悪な印象が強くなる面接官ですが、一肌脱げば生身の人間です。

面接に通る云々ではなく、入社した後に早々に好印象を持ってもらう為にも、面接を受けた後にはお礼状を必ず出すようにしましょう。

タブーと言うと少々大げさに聞こえるかも知れませんが、面接後にお礼状を出すことを端折ってはいけません。

面接の時、ライバル会社の文房具を使ってはいませんか?

20代といえば、まだ接待などについても、経験があるとしても、それは「上司や先輩の手伝い」という立場のものであって、メインホストとしてもてなしをする経験などは殆どないのが普通だと思います。

接待を巡っては、こんな面白い話があります。

ある企業の営業マンAさんが、ある商社の人を接待していた時の話です。

この商社は大手ビール会社の資本が入ったビール会社の孫会社だったのですが、そのビール会社の名前は社名に一切入っていなかったので、Aさんは何も考えずに接待の店をセッティングしていました。

接待も無事に終わり、喜んで翌日会社に出勤をしたAさんは、上司に呼び出されて烈火の如く怒られてしまったそうです。

なぜAさんが怒られてしまったのか、皆さんにはお分かりになりますか?

実はAさんが接待にセッティングしたお店は、大手ビール会社のライバル会社の資本が入った居酒屋チェーン店で、その店で出されるビールも全部ライバル会社のもの。

もちろん、会社四季報でも見ない限り、大手ビール会社の孫会社だとはわかりませんから、それに気付かなかったAさんも仕方がないといえば仕方がないのですが、「そこまで気を配ってこそ大人の接待」という上司の言葉も正しく、Aさんは猛烈な反省をしたのだそうです。

「そこまで気を配らなくちゃならないの?」と20代の方は驚かれるかもしれませんが、これが大人の社会での暗黙の了解というものです。

話を転職に戻しましょう。

ご自身が面接を受ける際には、相手の企業の資本状況にまで目を配った事がおありでしょうか?

新卒の就職活動であれば、徹底的に相手企業の事は研究しますので問題はないでしょうが、20代の方が転職の際に中規模企業を選んだならば、その会社の資本構成までは目を配らないはずです。

面接ですから、文房具を使うケースはレアかも知れませんが、筆記試験、一般常識試験などで文房具を使う機会は、実は結構あったりもします。

もしも転職希望先の企業の大株主が「3つの菱型」のマークで有名な財閥系の企業なのに、あなたが別のメーカーの文房具を使っていたら、相手の企業の人事担当者はどのように感じるでしょうか?

実際に気にしない人はそこまで気にしませんが、「それやったら絶対タブーね」という人事担当者がいることも筆者は知っています。

大人の社会は、それほどにシビアであります。

このあたりのバランスは、上司や先輩に恵まれた20代の方でないと全く「未経験」の領域の情報だと思いますので、「こういう現実、タブーもある」という事はよく覚えておかれると良いかと思います。

たかが転職活動、されど転職活動。

気をつけておけば、それほど労力をかけずとも防止ができるタブーですので、覚えておかれたほうが、何かと有利かと思います。

誘導悪口は乗せられたらタブー

上記のタブー2の話とも関連してくるのですが、20代の方が転職活動をする際には、誘導悪口に乗せられないように企業情報の収集には力を入れて頂きたいと思います。

社会のグローバル化が進んで、日本の企業の中にも、多くの外国企業の資本が入りこむようになってきました。

欧米の企業の資本であればあまり考えなくても良いのですが、中国や韓国、東南アジアの資本が入りこんでいる「半外資系」とでもいうような企業もとても多くなってきています。

そういう企業にトライをする20代の転職希望者は、誘導的な悪口に乗せられないように気をつけなければなりません。

筆者が知っている例では、韓国の資本、役員が入っている企業にトライをした20代の方が、この誘導悪口に乗せられて、面接試験でNGになってしまった事がありました。

スキルも経歴も申し分ない方だったので、自信を持って案件をご紹介したのですが、2次面接でどうも韓国の話題になり、「妙だなあ」と思ったなかではめられてしまったようでした。

筆者も油断をしてしまい、「あの会社は韓国資本が入っているから」と伝えるのを忘れていたのもいけなかったのですが、彼にも自分で調べる努力はして欲しかったです。

こういう事例、気付いていないケースも含めると、実は結構な数字にのぼっていたりしますので、本当に注意をしなければならないと思います。

経営者の好きな野球チーム云々の話であれば、まあズレがあっても問題はないかと思いますが、大きなスケールの話になると、採用の可否に影響が出る事もあるのです。

外資が入っている例を用いて話をしましたが、タブー2の例にもある通り、志望する会社の中に入っている資本関係はとても重要です。

池袋の○武鉄道と渋谷の東○電鉄が犬猿の仲である事は有名な話ですが、こういう資本関係でも誘導悪口には注意をしておく必要があります。

別にどこが好き嫌いはどうでもよいのです。「大人のマナーとして、資本関係くらいは調べて知っておきなさいよ」という話ですので、その点は正しく理解をして頂ければと思います。

ネクタイのカラーだって、タブーの色があるんです!

タブーと会社の成り立ちの話は続きます。ネクタイの色で失敗をしかかった人の話です。

筆者が直接担当した人ではなかったのですが、ある20代の方が、台湾の資本が入っている企業の転職面接を受けた時の話です。

その面接を受けた方は本当に優秀な方で、相手の企業もノリノリ。2次面接までは相思相愛で進んだのですが、最終面接でたまたま台湾から来ていた役員が同席していた事で悲劇が起こってしまいました。

中国系社会では、大事な席に緑の色というのはあまり良い印象を持たれない事があります。

もちろん、このタブーを気にする度合いは人それぞれなのですが、その時に面接で同席した台湾人の役員は、縁起事や風水事などを物凄く気にする人でした。

「俺が来た面接に緑のネクタイをしてくるなんて、喧嘩を売っているのか?」と面接終了後に怒り心頭の台湾人役員。

筆者とこの会社の人事担当者がたまたま懇意で、筆者のもとにその人事担当者から「まずかったよー」と連絡が入ったものの、「まあ、良く言っておきますし、まだ若いから。でもあんな優秀な人はいませんよ」と筆者が説得してなんとかNGだけは回避できたのですが、ネクタイの色一つでヒヤヒヤさせられるものだと、反省を含めてすごく考えさせられたものでした。

「ネクタイの色まで気にしてたら、面接なんてできない」という声が聞こえてくるかも知れませんが、資本家が何より偉いのが株式会社の代えがたい事実です。

20代の方には信じ難いかもしれませんが、このようなタブーや必須配慮が要求されるのが、30代以降のサラリーマン人生の現実です。

立ちはだかる書類選考や面接試験を前にすると、転職後の自分の姿を思い描かせることは困難かもしれませんが、転職活動は転職試験を突破するためにやっているのではなくて、転職後の人生をより良いものにするためですよね?

どうも転職活動中の方、特に20代の転職活動者の方にそのような傾向が見られるケースがすごく多いので、老婆心ながら間違いだけは犯さないように指摘だけはさせてもらいたいと思います。

タブーを避ければ、面接突破率は飛躍的に向上します!

これまで見てきたような盲点的な致命傷になり得るタブーを回避して、かつ、通常要求されるビジネスマナーを展開しておけば、面接の突破率は飛躍的に向上するようになるはずです。

あえてここでは細かいビジネスマナーについての言及はしませんが、基本的には「面接官が(というか、普通の大人の人が)不快にならないようにするにはどうすれば良いかを考えておけば、それだけで十分な対策となり得ます。

鉛筆のメーカーの話をしましたが、そのあたりの部分にまで配慮ができる20代の方というのはかなり少ないので、大事な所だけを押さえるようにしておけば、少々の所は目をつぶってもらえますので、あまり神経質になり過ぎないようにして下さい。

普段から最低限のビジネスマナーには気を配るようにしておけば、面接用のビジネスマナー対策などやる必要はありません。

あまりビジネスマナーにとらわれ過ぎると、せっかくの若さをPRできなくなってしまったりして、マイナスの方が大きくなってしまいます。

親戚のおじさん、おばさんに可愛がってもらうためには、どのような振る舞いが一番「受けが良くなるか」は、みなさん、身に染みてご理解されているはずです。

今回取り上げたようなタブーにだけ気をつけて、大減点だけはもらわないようにして、転職活動を展開して頂ければと思っています。

関連記事

tensaku-20-3-s

元人材屋が厳選!面接官が大好きな若い人像4つのパターン

前の記事で、20代の人が転職する場合には、あまり世間の常識論にとらわれ過ぎないようにすること、理

記事を読む

tensaku-20-4-s

20代の転職。動くか動かないか決められない人に送る4つの言葉

20代の転職に関して、これまで「あえて遠回りをした方が良いこと」、そして「遠回りをした場合(ワン

記事を読む

tensaku-20-2-s

20代でハッピー転職を果たすなら、「一段下げ技法」を使え!

20代の転職、実は簡単ではありません 転職に際しては「年齢」というキーワードが非常に重要になり

記事を読む

tensaku-20-5-s

転職で参考になり過ぎる、中国人の転職マインドとは?

20代の方が転職をしたいと思った時に、意外にも参考になるのが、中国人の転職に対する考え方です。

記事を読む

tensaku-20-1-s

20代の転職が、全世代の中で実は一番難しいと腹をくくれ!

転職の問題で悩んでいるからこそ、このサイトを訪れて頂いた方も多いかと思いますが、のっけから厳しい

記事を読む

こんな転職理由の20代は、まだ転職するな!

20代の方の場合、転職理由を聞けばその人が転職した方が良いのかしない方が良いのかが、だいたいわか

記事を読む

PAGE TOP ↑