50代転職希望者が面接官に年齢を感じさせない為の小ネタ集

公開日: : 最終更新日:2014/10/23 50代の転職講座


50代の転職希望者が一番注意しなければならない事は何でしょうか?

このサイト内で、「あまり実績のPRばかりしないように注意すべき」「健康PRは逆効果」「馬鹿正直になり過ぎないで」など、50代の転職希望者が転職活動に臨む上で注意すべき点を数多く挙げさせて頂きましたが、いくらそれらの内容を注意して頂いても、「若さが微塵も感じられない」という風に面接官に取られてしまうと、全ての努力が水の泡になってしまいます。

そうです。

50代の転職希望者の方には、「とにかく1歳でも若く見られるように注意を払う」という事に心掛けて頂きたいのです。

本人には中々気が付きにくい事(または認めたくない事)ではあるのですが、50歳を超えると、どうしても外見、言動、所作に老いが感じられる要素が多くなってきてしまいます。

もちろん、それを踏まえた上で面接官もあなたに対峙をするわけですから、どうしても補正が効かない「老い」の部分を無理して補正する事はないと思います。

ですが、少し意識するだけで、1歳も5歳も10歳も若く見えるようになる事も沢山あるのですから、その事を知らずに面接に臨むことは、あまりに勿体無いと筆者は考えます。

面接官というものは、50代の方に対しては、「老いの観察」という色眼鏡で見てきます。

そのような色眼鏡に対抗をする為には、「少しでも若く見せるコツ」を沢山身につけておく必要があります。

今回のコラムでは、転職活動中に便利で役立つ、ちょっとした「若く見える為の小ネタ」について触れていきたいと思っています。

履歴書の写真は、何が何でも写真屋で撮ってもらう!

筆者が人材会社に在籍していた時に、履歴書の写真をスピード写真で済ませてしまっている方の割合は、50代の方が圧倒的に多かったというデータがありました。

若い転職希望者の方ほど写真屋さんでキッチリと撮影してくる方が多く(若い男性が多かったのは意外でした)、50代の方で写真屋さんでキッチリと撮影してくる方は本当に少数派でした。

私はこの現実に愕然としてしまっていました。

50代の方はどうしてもインターネット等の情報量が若い方に比べて少ないので致し方が無い点もあるのですが、「それにしても、まさかこれほど無頓着とは」と私は感じていたものでした。

比較した写真を見せた方には良く分かって頂けたのですが、スピード写真と写真屋で撮った証明写真では、驚くほど写真のデキが異なるのです。

若いし元気だし肌の色つやも全然異なるし、表情だって全然異なるしで、まるで別人のような仕上がりになるのが写真屋で撮る証明写真のクオリティなのです。(もちろん、実際に面接に臨んだ時に「写真と別人の方では?」などと言われるほど別人になってしまうわけではありませんので、ご安心下さい)

駅の中やコンビニの横などにあるスピード写真と比較しても、値段は1.5倍か高くても2倍程度。

そもそもがそんなに高いものではありませんので、一世一代の転職活動の為に、是非とも履歴書に使用する写真は写真屋さんでキッチリと撮影したものを使用して頂きたいと思います。

履歴書の文字、ハネと止めにメリハリの無い「老けた字」になっていませんか?

年齢や老いは文字にも出てきます。

若いころに素晴らしい字を書くと褒められていたような方でも、やはり50歳を超えると、その年齢が文字に出てくるようになります。

書類選考の段階では、書類の内容はもとより、「文字の勢い」というものも企業の人事担当者の大きな関心事になります。

毛虫が這ったような力強さの全くない文字だと、どんなに内容が良くても「年をとった書類」という風に写ってしまうようになりますので、履歴書などの文字には十分に注意をしておいて頂きたいと思います。

大切なのは、「文字の上部は高さ8割程度で揃える」「止め、ハネをいつも以上に強く意識して書いてみる」という二点に注意をする事です。

文字の高さを揃えておくと、文字自体がとても美しく均整が取れてみえるようになります。

文字の高さがバラバラだと、それだけで「集中力が長時間維持できない人」「疲れやすくてすぐに緊張感を解いてしまう人」という風に写ってしまいますので、50代の方はこの点に注意をしておかないとかなりの損をする事になります。

文字の止め、ハネに関しても、履歴書を書くときには普段よりも強く意識をして文字を書くようにしてみてください。

別に原稿用紙10枚位の原稿を書くわけではありませんので、手が疲れてしまったり、指が痛くなってしまうような事は起こらないはずです。

文字の高さを揃えて止めハネを強く意識して履歴書を書くようにすると、本当に勢いのある若々しい文字を書くことができるようになります。

年齢や老いというものは確実に文字に出てきますので、つまらない所でチャンスを逃さないように気を付けてみて下さい。

面接官の「歩かせトラップ」にハマらないようにしましょう!

企業の人事担当者と商談をしていて、面白い話を聞かせてもらった事があります。

「ウチの会社では45歳以上の人を面接する時には、わざとドアから遠いところに椅子をおいて、歩く姿を観察するようにしているんですよ。歩くときの姿、目線の送り方で大体その人の能力というのは測れるようになりますね」

この話を聞いた時には、筆者は「面接官、恐るべし!」という風に思ったものですが、言われてみればこの「歩かせトラップ」、結構多くの面接現場で目撃をした事を私は思い出したのでした。

この辺りの面接テクニックも、いわば企業秘密の一種ではありますので、なかなか教えてくれるものではありません。

筆者もかなり懇意になってからこのようなトラップがある事を教えてもらいましたので、まず一般の人にこのような情報が伝わる事は無いかと思います。

筆者も実験で自社でこの「歩かせトラップ」を実践してみた事があるのですが、確かに歩き方を観察していると、自信の無さというか、オドオドした感じや老いた感じが見て取れますし、歩く時の目線の配り方を観察していても、その人の「人となり」が良く分かるようになります。

能力も十分で自信満々の人は、やはり堂々として椅子までの距離を歩きますし、それまでのキャリアで誇るべきものが何もないような50代の方だと、オドオドしたり自信がなさそうな歩き方をします。

「このあたりはハッタリでも良いから意識して歩くようにしておかないと、全部が面接官に見抜かれてしまうな」という風に私が気付いたのは言うまでもありません。

このトラップを突破する方法はそれほど難しくはありません。

ドアをノックして中に入り、椅子までの距離が長いような場合には、まずは「歩かせトラップ」が仕込まれていると思って下さい。

面接官と目を合わせて軽く一礼をしたら、少々大げさでも構いませんので胸を張って歩くようにして(ゆっくりと歩くようにするのもポイントです)、目線は面接官が座っている机の辺りから動かさないようにするのが秘訣です。

ジッと面接官と見つめ合って椅子まで歩くのも妙ですし、目のやり場がなくて目線を下にやってしまうのも自信なさげに写ってしまって良くありません。

目線を机の上、もしくは面接官の胸元あたりに置くようにすると、自然な目線に相手には映るようになります。

ここでキョロキョロしてしまうと、一発で「この人はダメだな」という風に写ったりもしてしまいますので、歩き方と目線の配り方には十分に気をつけるようにして下さい。

ドアから少し離れたところに椅子をおいて、「模擬面接室」を作って普段から練習をしておくのも悪くありません。

気の合う仲間に面接官の役をやってもらい、色々と指摘をしてもらうと気分も高まりますし、良い訓練になります。

ちょっと練習をしただけで全然印象が変わってきますので、ぜひともこの事には強い意識を持って頂きたいと思います。

実際よりも若く見える白シャツにこだわろう!

50代の転職希望者の方で、面接の時にカラーシャツを来ていくという方はいらっしゃらないとは思いますが、同じ白系のシャツを着る場合でも、なるべくアイボリーは避けるようにした方が得策です。

襟元の色と顔色の印象というものは、本当に密接な関連性があります。

アイボリー系の白ではなく、いわゆる「真っ白」なホワイト系の白シャツを着るようにすると、顔の色が本当に良く映るようになります。

また、ホワイト系のシャツは顔をシャープに見せるという効果も合わせもっています。

このあたりは細かい事ではあるのですが、面接では第一印象でほぼ7割の勝負が決まってしまうと言われていますので、歩き方とともに見た目の若々しさには徹底的にこだわった方が内定をもらえる確率は高くなります。

真っ白なシャツを探す事などわけない事ですから、このへんのアイテム選びにもこだわって頂きたいと思います。

面接中は、常に背中と「椅子の背当て」を意識して!

50代の方に良くある姿勢に、「ふんぞり返ってしまう」というものがあります。

意識するしないに関わらず、50代の方というのは、少々ふんぞり返った座り方をするだけでも「偉そうな態度」に相手には写ってしまうので、この辺にもぜひとも注意をしておくようにして頂きたいと思います。

50代になれば部下持ちの方が殆どで、どうしても部下の前では堂々をしている必要があるので、長年の習慣で少々ふんぞり返って座るクセが付いてしまっているのは仕方がないかと思います。

ですので、まずは「そういうクセが染み付いている」という事を受け入れるようにして頂ければと思います。

受け入れたら次は対策です。

面接中はとにかく椅子の背当てを意識するようにして座るようにしてみてください。

「背中が背当てに触れるか触れないかギリギリの所で座るようにする」。ポイントはこの一点です。

面接などたかが15分から長くても30分程度ですので、その間だけ意識をしておけば良いので難しい事ではないはずです。

背当てに触れるか触れないかの姿勢を維持しておくと、猫背になるのも同時に防止ができますので、一挙両得です。

座り方を気をつけるだけで、「少々くたびれたオジサン」が「ダンディな中年紳士」(女性の場合にはオバサン、淑女)に映るようになりますので、このテクニックを知っておくとかなりのアドバンテージを得られるようになります。

1日15分でも良いので、毎日意識して座る練習をするようにすると、凛とした素晴らしい「座り姿勢」を手に入れられるようになります。

50代の転職では年齢を感じさせるマイナスファクターをいかに少なくできるかが勝敗をわけるカギになりますので、面倒臭がらずに実践をするようにしてみてください。

10のネガティブ話が50のネガティブ話に聞こえると認識せよ!

注意事項が多くなって申し訳ないのですが、もう少しお付き合いを頂きたいと思います。

筆者も人材会社に登録に来た転職希望者の方の登録面接を時々行っていたのですが、その時に気がついたのがこの見出しのような内容の事でした。

転職の面接に行った時にネガティブな話をしてはならないのは若い方でも同じわけではありますが、50代以上の方は、このネガティブ話には、「特に注意」をしておいて頂きたいと思います。

本人は10のレベルで「ちょっとネガティブな内容」を折り込んだつもりでも、相手には「その5倍以上」ネガティブに伝わるものですので、この点は良く覚えておかれると良いかと思います。

極端な話、面接官に「暑い中お越しいただきありがとうございました」と言われて、「暑くなりましたねえ」と返すだけでも、かなり「ネガティブ」になってしまいますので、この点には本当に要注意をしてください。

そのような問に対しては、「本当にビールが恋しい季節になりましたね」とか、「電車に乗った瞬間のエアコンが天国に感じる季節になりましたね」など、とにかくネガティブな要素を会話の中に折り込まないようにするのがコツです。

「急に言われてもそんな事はできない」という方が多いかも知れませんが、その気になって練習をすればそれほど難しい事ではありませんので、ちょっと意識して普段から練習をしてみるようにしてみてください。

真夏に空が一転かき曇ってきたら、「大雨が降りそうだね」「ドーッと来るぞ、これ」などというのではなく、「夕立で涼しくなるね」とか「たまには虹でも出てくれたら良いんだけどね」などとポジティブ要素を入れて話すようにする練習をしてみてください。

一週間も意識してポジティブ話をしていると、会話の中にネガティブ要素が入り込んで来にくくなりますし、借りにネガティブが入ってしまったとしても、ポジティブ要素が自然と多くなるので、ネガティブ要素を打ち消してくれるようにもなります。

ゲーム感覚でこのような練習をしておくと、面接の時に退職理由、転職動機を聞かれた時などに、話している内容がとにかくポジティブに聞こえるようになります。

50代の方がネガティブ要素を口にされると、どうも「愚痴」に捉えられてしまうケースが多くなりますので、この点だけは本当に注意をしておいて頂きたいと思います。

前日はカラオケに行くのもあり!声量と若さは比例します!

冗談のような見出しの内容ですが、この部分も面接で若々しさを強調する為には物凄く重要な要素になります。

50代の方はどうしても声に張りがなく、声量も少なくなってしまう方が多くなる傾向があります。

50代と言えばアブラが乗り切って元気ハツラツな方が多いですが、筆者が見てきた50代の方を思い返してみると、「元気があってスキルも申し分ないが、声に張りがない人も多かった」という印象が強いです。

企業の人事担当者に聞いても、声の大きさや張りの部分を気にする人事担当者が結構多かったので、年齢を相手に感じさせない為には、これも非常に重要なファクターになると考えておいて下さい。

声が枯れるほど面接の前日に歌いこんでしまってはいけませんが、面接の前日などにはカラオケに出向いて適度に大声を出しておくと、腹筋の良い事前準備になりますので、これはオススメの方法です。

別のコラムで「面接直前に誰かに電話をかけて、少しでも喉を開いておくのが重要」というお話をさせて頂きましたが、前日にカラオケに行っておくというのも、狙う所は同じ類のものです。

発声練習をしておくと、本番では張りのある通る声を出すことができるようになりますので、50代の方には特に有効な方法になります。

笑う方もいるかもしれませんが、かなり効果的な方法になりますので、馬鹿にせずに是非とも実践をして頂きたいと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

列記しようとすれば、まだまだ年齢を若く見せる(老いを見せないようにする)方法はあるのですが、代表的な方法は上記のとおりです。

50代の方が書類選考を突破したという事は、面接試験はイコール「本人の人となりがテストされる場」であると考えて間違いはありません。

面接プレゼンのパフォーマンスも重要ではありますが、それはあくまでも4割程度。

まずは若々しさをPRする事で60点はゲットする事ができますので、合格ラインの80点まで持っていく為には、しゃべりの内容であと20点だけ加算をすれば良いという事になります。

本人がお思いになっている以上に「老いの所作」というものは態度に出てしまうものですので、その点をまずは受け入れて、適切な対応策を取るようにして頂ければと思います。

恐らく最後の転職という事になる方が多いかと思います。

少しの努力、留意で老いの所作は防止する事ができますので、本コラムをぜひとも参考にして頂ければと思います。

関連記事

tensaku-50-2-s

50代で転職が決まらない人に見られる共通の傾向とは?

人材会社に長い期間勤めていると、時々奇妙に思う事柄に出会うことがあります。 「スキルも経歴

記事を読む

tensaku-50-1-s

50代転職希望者が犯しがちな2つの致命的な勘違いとは?

人材会社に勤務していると、ざまざまな世代の方の転職のお世話をさせて頂く事になります。 筆者

記事を読む

PAGE TOP ↑