企業理念が鍵!30代面接トークを劇的に差別化する技術を公開

公開日: : 最終更新日:2014/10/23 30代の転職講座

ありきたりな企業理念トークも使い方次第で伝家の宝刀に変わる

面接トークを劇的に差別化する技術を公開
転職をする時に、志望動機の中に志望する企業の企業理念や経営理念に関するエッセンスを加える人が多いかと思います。

20代では企業理念などに触れるのはちょっと若過ぎる気がしますし、40代では逆に「今さら感」があるので、ちょうど良い年代である30代の方が、この企業理念に関連付けた志望動機を多用するのですが、使い方を間違っている人が非常に多いと思うのが筆者の分析です。

筆者が人材会社に勤めている時にも、多くの30代の転職希望者が履歴書や職務経歴書の中に「経営理念、企業理念に感銘を打たれ」などという表現を使った文章を書いていたのですが、私は「普通に表現するだけなら、企業理念に触れることは逆にマイナスになるだけですよ」という風にアドバイスをさせてもらっていました。

理由は簡単、「上っ面はもっともらしく聞こえるが、実はベタでわざとらしいだけの表現になり過ぎ、面接官に突っ込まれると何の回答もできなくなってしまうケースがほとんどだから」です。

「良い志望動機が思い浮かばない時には、企業理念に触れて書いてみるのがいい」などと書籍などでアドバイスされているので、それを参考にして書いている人が多いようなのですが、実際には企業の人事担当者の心には何も響かず、マイナス評価されてしまうリスクの方が高いのが企業理念に触れた志望動機です。

幸いに書類選考は突破できても、面接の時に「弊社の企業理念に感銘を受けて頂いたようですが、具体的にどのような点に感銘を受けたのか、説明してもらえますか?」などと突っ込まれてしまうとシドロモドロで何の回答もできずに、「あえなく討ち死」となってしまうケースが本当に多いので、企業理念を志望動機に織り交ぜる際には、最深の注意を払うようにするのが良いでしょう。

「じゃあ、企業理念に関しては志望動機で一切触れない方が安全だな」と考えてしまうかもしれませんが、それでは考え方があまりに短絡的です。

他の人も難しいと感じる部分をいかに攻略して自分を差別化していくか?というスキルを、企業は30代の転職希望者に求めています。「ベタになるはずなのに、この人は上手に表現してくるなあ」と面接官に感じさせるのがベストな面接テクニックです。

あえて自分を差別化して行く武器として、企業理念に関するトークを織り交ぜて行きましょう。毒にも薬にもなる企業理念トークですが、以下のテクニックを身に付けて頂けば、企業理念トークは、30代転職の「伝家の宝刀」にもなってくれるはずです。

30代なら、企業理念を「あるキーワード」をスパイスに使って料理しろ!

企業理念を志望動機に加えるならば、以下のようなキーワードをスパイスにして、トークを料理していくと、面接官の心に突き刺さるようになります。

そのキーワードとは、「企業理念を企業の共通言語として表現していく」というキーワードです。

「どういうこと?」となりますよね。当然です。以下に順を追って説明して行きますので安心してください。

企業理念には、創業者の願いや熱い思いというものが込められています。ただ、ここではそのような観念論や根性論などを展開するつもりはありません。

企業理念には、創業者のそのような思いが込められているのですが、もっと大切な思いも込められています。

「迷った時、皆がバラバラになりそうな時、組織をまとめ直す、全員に伝わる共通の言語として、この理念を使って欲しい」

実は企業理念や経営理念が存在する意義の8割以上は、この部分にあるのです。30代の転職希望者の中に、この事に気付いていない人がなんと多いことか!

先ほども書きましたが、企業の人事担当者は、30代の転職希望者に「リスクをいかに回避していくか」というスキルを求めています。

実務スキルも重要ですが、今後企業の中核を担っていく30代世代には、もっと重要な「リスクマネジメントスキル」を求めているのです。

そんな相手のニーズに対して、上記のような企業理念に関する考え方を説明してあげると、「この人はちょっと違う」「まだ若い30代なのに、よくわかってるなあ」という風に感じてくれるようになるのです。

企業理念トークはこう使え!

もっと具体的に見ていきましょう。

例えば、志望する企業の企業理念に以下のようなものが掲げられていたとします。

「地球環境は全ての財産。弊社は企業活動を通じて、地球環境の改善につながるあらゆる技術開発に挑戦し、社会にその普及を提案し続ける」

これは、筆者がこのコラムのために今考えたものですので、別に内容に深く拘る必要はありません。

あくまでも「書類選考、面接時の差別化のネタ」として企業理念を使っていくだけですので、ドライに考えて頂いて結構です(ただし、入社が叶ったならば、企業理念は「熱い思い」として考えるようにしてくださいね)。

志望企業に上記のような企業理念が掲げられていたならば、志望動機にこのように織り込んで行くようにするのです。

「御社の企業理念に深い感銘を受けました。今回は幹部候補の求人という事でしたので、私を採用頂いたならば、私には管理職としての責務が与えられるのだと理解をしています。任せられたチームがグラつく時も当然起こりうると覚悟はしています。そのような時、自分が地球環境を守る一役を担わされていること、そして、それを社会に提案し続ける任務があるのだという思いは、自分を強くしてくれるものであります。また、部下をとりまとめる”共通の言語”としても、御社の企業理念は非常に有効に機能するものだと考えました。迷った時、全社員の思いを一つにできる共通言語をお持ちの御社ならば、自分の力を充分に発揮できると考えました。」

このような表現をすれば、まともな人事担当者ならば大体がイチコロになります。

「企業理念を組織を取りまとめるツールとして使って行くという考え方を私は30代にして身に付けていますよ」と暗ににおわせるだけで、他の人との差別化は充分にできるようになります。

面接官は、30代の転職希望者からこのような独自性の高い模範回答を求めているのだという事を理解してください。

企業理念トークをうまく使えば、リスクマネジメントスキルが簡単にPRできる

組織を取りまとめるスキル、そしてリスクマネジメントスキルが要求されるのが30代の転職希望者というものですが、そのスキルを企業の人事担当者にわかりやすく表現するのは、実は非常に難しいことです。

実績や数字ではなかなか説明ができない要素なので、面接官の心に刺さるプレゼンがなかなかできないという嘆きを筆者も多く聞いてきました。

ですが、このコラムの中でご紹介したように、企業理念にまつわるトークを上手に織り交ぜていくと、あなたの持っている組織をまとめる力やリスクマネジメントスキルが、ごくごく自然な形で説得力を持って表現ができるようになるのです。

何も知らないと毒になるだけの企業理念トークですが、ちょっとしたコツを理解しておくと、あなたの伝家の宝刀として活躍してくれるようになります。

普段は気にもされないかもしれませんが、まずは今居る会社の企業理念を再度見直してみて、シミュレーションをしてみてはいかがでしょうか?

次の記事>>30代を異常に欲しがっている意外な場所とは?

関連記事

tensaku-30-2-s

30代転職は12か月計画で行うと成功する4つの理由

「転職に最も有利な年代は?」ともしも問われたならば、筆者は間違いなく「30代」という風に回答する

記事を読む

tensaku-30-3-s

あなたはどっち?30代転職で失敗するタイプ、成功するタイプ

多くの30代の転職登録者の相手をしていると、転職に成功するタイプ、失敗するタイプという二局が気持

記事を読む

30代転職者に求められているのは「マネジメントスキル」と「問題解決能力」

30代転職者に必要なものは実務能力だけではない! 30代転職者に求められているものとは、何だと

記事を読む

tensaku-30-5-s

30代の戦力を異常に欲しがっている意外な場所とは?

本サイト内でも再三触れてきましたが、転職市場で最もニーズが高く、かつ高い値段が付くのが30代の「

記事を読む

tensaku-30-6sam

30代の転職で成功する秘訣は、複数内定を目指す点にアリ!

30代の方の転職事情に関しては、「一番の売り時を逃すな!」という立場に立って、これまで多くの情報

記事を読む

tensaku-30-1-s

35歳転職限界説は嘘!周到な準備で良い転職を達成する方法

30代というのは転職が難しく、「35歳転職限界説」などに代表されるように、転職のラストチャンス的

記事を読む

PAGE TOP ↑