過去の栄光から脱却せよ!未来に目を向けるための思考の転換方法 前編

公開日: : 最終更新日:2015/07/17 40代の転職講座


以前、40代転職面接では「話す内容に未来要素が少ない人」は減点対象になる、という話をご紹介したことがあります。これは、「以前の職場ではプロジェクトリーダーとして数々の経験を積みました。具体的に
は・・・」などと、過去の成功体験を話すのではなく、「この経験を御社で生かすとするならば・・・」と、未来に向かって話を進めなければならない、というものでした。

しかし、良く考えると、「40代を超えるとほとんどの人が過去の成功を糧に仕事をしているのではないかと」、ふとそのように考える事がありました。

全く新しい仕事のやり方や人脈を発掘して仕事をし続けている「ポジティブ過ぎる人」は、実はあまりいないのではないか。ということは、40代の転職希望者に、「過去の栄光を語るな。」というのは、ハードルが高すぎる事なのではないか?

そのように考えるようになりました。

そこで今回は、以前の記事内容を否定するのではなく、若干の反省も含め、執筆した内容を「より実践して頂きやすい形にアレンジ」を行う事で、皆様の転職活動に「より役に立つよう」にアレンジをしてみたいと思います。

少々バッサリした表現もあえて加えますが、40代転職希望者に対し、「過去の栄光から脱却し、未来に目を向ける」をより簡単に実践頂くために、具体的にどのように思考を転換していったらよいかに特化して、詳しく解説を加えていきたいと思っています。

転職先企業を顧客だと思え!そうすれば、過去の栄光を語ろうなんて思わないはず

転職先企業とは、あなたの能力や人柄を評価し、買ってくれる存在です。言うなれば、転職先企業は、あなたの顧客に近い存在になります。「転職先」ではなく、「クライアント」です。

例えば、顧客からあるシステム開発案件を、あと少しで受注できそうだとしましょう。顧客に対するプレゼンの中で、「我が社では、○○システムという日本でも有数の巨大システムを保有し、そのシステムの障害発生率は○%でして、これは非常に低いものです。」などと、自社システムの良さをアピールするのは重要なことです。

しかし、顧客が一番知りたいのは、「で、うちには、どんなシステムを作ってくれるのですか?」ということであって、何社かある発注先のうちの、一社の実績ではないはずです。

転職面接でも同じことです。売り物であるあなたの実績も確かに大事ですが、何より大事なのは、「あなたは、うちの会社で何ができるのですか?」に対して答えを出していくということなのです。

転職面接では、このように「良いのはわかったから、で、うちに何のメリットがあるわけ?」に対して常にベストな提案を出していくように心がけていかれると、素晴らしい結果が得られる確率が高くなると言えるでしょう。

良く思い出してみれば、スッと希望の会社に転職を決めた40代の転職希望者の方は、大体が「自己PR型」ではなく、「提案型」の方が多い傾向にありました。

「俺が俺が」ではなく、「あなたの為に提案させてください」というアプローチ、思考方法が大切です。

(後編はこちら)

関連記事

tensaku-40-4-s

40代転職成功の秘訣は「4必2妥の法則」にあった!

これまで、40代の転職に関する総論的な話、そして面接官の心理状況などについて「元人材会社に勤めて

記事を読む

tensaku-40-1-s

元転職アドバイザーが、40代転職を成功させるハウツーを全て開示する

人生をドブには捨てないで! 「40代の転職」と聞くと、どなたもが「難しい」「自分には無理」など

記事を読む

40代転職者に求められるのは、若い世代を上手に育てるリーダーの器

新しい会社は若い人を教育できる、経験豊富な社員が不足している 「会社を立ち上げてやっと軌道に乗

記事を読む

tensaku-40-2-s

40代転職面接は、加点法ではなく減点法で行われると認識せよ

40代の転職では、スキルPRの真っ向勝負よりも、老獪なずる賢いテクニックがより重要になるという話

記事を読む

tensaku-40-5-s

実務スキルはオマケ!企業が40代に求める5つの能力とは

40代の転職ともなれば、即戦力として活躍できるだけのスキルがある事が前提となって転職話が進められ

記事を読む

tensaku-40-3-s

40代の転職者必見!面接官がホントに知りたい2つのコト

前回の記事にて、40代の方が転職をする際の注意すべきポイントについて解説をさせて頂きました。

記事を読む

過去の栄光から脱却せよ!未来に目を向けるための思考の転換方法 後編

未来に目を輝かせることができないのならば、転職などやめてしまうのも一案! 「未来に目を輝か

記事を読む

tensaku-40-6-s

元人材会社社員の40代転職活動実録!転職のプロはこうやって転職する!?

筆者が人材会社で営業社員として四年強仕事をしていた事は、既に別のコラムでも何度かご紹介をさせてい

記事を読む

PAGE TOP ↑