30代転職者に求められているのは「マネジメントスキル」と「問題解決能力」

公開日: : 30代の転職講座

30代転職者に必要なものは実務能力だけではない!

30代転職者に求められているものとは、何だと思いますか?「それはやはり、実務能力!」と答える人も多いと思います。確かに、30代は中堅どころとして実務を担う世代ですから、実務能力は必要です。

しかし、企業側の求めるものはそれだけではないようです。たいていの企業は、「若いリーダーが育たない」という悩みを抱えています。実務に忙殺されるあまりリーダーとしてのスキルを養う余裕が無く、一作業者として手を動かしてしまうのです。これではいつまで経ってもマネジメントスキルを身につけることはできません。

もうひとつ、なかなか育たないのは「問題解決能力」に優れた人材です。仕事の問題を解決するためには、問題を分析し正しい解決方法を見出して対処する必要があります。その為には一度仕事を止めてでも、問題解決のための作業に入る必要があります。しかし、目の前に仕事がある状態では、なかなかそれができないのです。

このように、優れた「マネジメントスキル」と「問題解決能力」を持つ30代転職者を、企業はのどから手が出るほど欲しいのです。

どの分野でも重宝される「マネジメントスキル」

マネジメントスキルを身につけるためには、優れた実務能力を基礎に持っていなければなりません。しかし、一つの分野の実務能力があれば、他の分野のマネジメントをすることはできるのです。

それは何故かと言うと、マネジメントスキルは部下をまとめて引っ張っていく、「ヒューマンスキル」の面が重きを占めるからです。人間関係を円滑にする術は、全ての分野でなくてはならないものです。その他のマネジメントスキルの要素として、進捗管理能力や危機管理能力、次章で扱う問題解決能力なども、分野を問わず通用します。

企業はマネジメントスキルを持つ人材を欲しています。30代の時点ならば、大規模なプロジェクトのリーダーでなくても、小規模チームをまとめ上げた実績があれば十分でしょう。面接ではどんなに小さなプロジェクトであっても、リーダー経験があればしっかりアピールしてください。

意外と持っている人が少ない「問題解決能力」

どんなに大企業であっても、「問題が発生した?力ずくで何とかしろ!」などという時代錯誤な根性論がまかり通っていることがあります。それで何とかなったとしても、計画性のないリカバリー方法による手戻りで大損害なはずです。それなのに「よくやった!」リーダーが称えられるのでは、頑張った部下たちは「やってられないよ」という心境でしょう。

企業のトップは、それに気がついています。だからこそ、「問題解決能力」に優れた人材を欲しているのです。「実務ができます」といくらアピールしても駄目です。その実務は、同じ分野の中でしか通用しないものだからです。しかし、「問題解決能力」は違います。「今の職場で、会社が危機的状況にあった際に、業務改善して危機を乗り切りました」というアピールを持つ転職者は「ぜひ我が社に来ていただきたい!」人材なのです。

みなさんは、この二つのスキルを普段から意識しながら仕事をしているでしょうか?転職に有利なこのスキルに関しては書籍なども多く出ていますから、一度勉強してみてはいかがでしょうか?

関連記事

tensaku-30-5-s

30代の戦力を異常に欲しがっている意外な場所とは?

本サイト内でも再三触れてきましたが、転職市場で最もニーズが高く、かつ高い値段が付くのが30代の「

記事を読む

tensaku-30-3-s

あなたはどっち?30代転職で失敗するタイプ、成功するタイプ

多くの30代の転職登録者の相手をしていると、転職に成功するタイプ、失敗するタイプという二局が気持

記事を読む

tensaku-30-4-s

企業理念が鍵!30代面接トークを劇的に差別化する技術を公開

ありきたりな企業理念トークも使い方次第で伝家の宝刀に変わる 転職をする時に、志望動機の中に志望

記事を読む

tensaku-30-1-s

35歳転職限界説は嘘!周到な準備で良い転職を達成する方法

30代というのは転職が難しく、「35歳転職限界説」などに代表されるように、転職のラストチャンス的

記事を読む

tensaku-30-2-s

30代転職は12か月計画で行うと成功する4つの理由

「転職に最も有利な年代は?」ともしも問われたならば、筆者は間違いなく「30代」という風に回答する

記事を読む

tensaku-30-6sam

30代の転職で成功する秘訣は、複数内定を目指す点にアリ!

30代の方の転職事情に関しては、「一番の売り時を逃すな!」という立場に立って、これまで多くの情報

記事を読む

PAGE TOP ↑