元転職アドバイザーが、40代転職を成功させるハウツーを全て開示する

公開日: : 最終更新日:2014/10/23 40代の転職講座

人生をドブには捨てないで!

40代転職を成功させるハウツー
「40代の転職」と聞くと、どなたもが「難しい」「自分には無理」など、ネガティブな印象を持たれる方が多いかも知れません。確かに、20代に比べれば30代の方が、そして両方の年代に比べれば、40代での転職はその難易度がはるかに高くなるのは事実です。

しかし、「難しいから」「自分には無理だと思うから」などと考えて手をこまねいていて良いのでしょうか?
別に今の職場に満足がいっているならば、無理に転職を勧める必要もないのですが、恐らくこのページを見てくださっている方は、何らかしらの「転職モチベーション」をお持ちだからこそ、この記事を読んで下さっているのだと思います。

満足のいかない職場で「社畜」などと揶揄されながら人生の折り返し点付近を悶々と過ごすのは、せっかく与えられた一度きりの人生を無駄にしてしまう事になります。難易度に恐れをなして転職にチャレンジをしないのは、歯に衣着せぬ言い方をするならば、「一度きりの人生をドブに捨てているのと同じ」事になると私は考えています。

同じ40代の人間として、「そうはなって欲しくない」と思ったので、自分の経験や知識を紹介できる場所を作りたいと思い、このサイトを立ち上げました。

元人材屋が40代の転職ノウハウを全て公開する!

私は人生で3度の転職経験を持っています。そして40代での3度目の転職でようやく、現在の「天職」に就くことができました。

私の場合では、今の1つ前の職場、つまり現在の仕事に変わる前に、人材会社に4年間在籍していました。
延べ人数にして、50人以上の40代転職希望者の転職のお世話をさせて頂く中で、実地で様々な経験を積み、多くのことを勉強させてもらいました。そこで学んだ数多くの転職ノウハウ(テクニックと言った方が正しいかもしれません)は、私自身の転職活動の時にも非常に役に立ったと考えています。

その転職ノウハウの公開を今後、このサイトの中でしていきたいと思っていますが、40代の転職のコツを一言でまとめるとするならば、このような一言で表せるのではないかと私は考えています。

40代の転職では、「スキル」よりも「老獪さ」が要求されている

40代の転職では、「一定のスキルは既にあるもの」という前提にたって話は進められます。つまり、雇う側の企業は、40代の転職希望者に対しては、その人が持っているスキルに関してはそれほど強い関心は持たないのが現実です。一定のスキルは持ってて当たり前だからです。

「40代こそ、40代ならではの様々なスキルを期待されるのではないのか?それを充分にPRした方が良いのではないか?」と訝しがる方が出てくるかもしれませんが、そのような考えに固執してしまうと、私が人材会社時代に見てきた「転職失敗組」に属してしまうようになります。40代の転職活動では、そのような真っ向勝負を挑むと必ず痛い目に遭うようになります。

40代は40代なりの老獪な転職活動を実践せよ!

プロ野球の投手に当てはめるとわかりやすいのですが、40代のベテランピッチャーが脂の乗り切った打者に対して、ストレートでの真っ向勝負は挑みませんよね?自分の経験の中から打者心理を読み取り、老獪にずる賢い投球をして、玄人のファンを唸らせるような投球術を披露してくれるのがベテランピッチャーのはずです。

40代転職希望者にも、このようなベテランピッチャーと同じようなずる賢さが要求されるのですが、どうもその事を忘れてしまって、真っ向勝負を挑んでしまう人がとても多いような気がしています。

雇う側の企業の人事担当者は、毎日嫌という程の履歴書や職務経歴書と向き合い、1日に何人もの人間との面接をこなしています。常時求人を出していないような小さな会社でも、一つの求人案件を出した時には人事担当者は期間限定でテンヤワンヤの対応を迫られる事になります。

そんな中で似たり寄ったりのスキルPR合戦を繰り広げても、面接官の心に刺さるようなプレゼンを披露することは絶対にできません。

40代での転職活動は、実質的には人生の中でのラストチャンスになりますから、直球で勝負に行き、悔いのない勝負をしたくなる気持ちは理解ができます。ですが、他の転職希望者もラストチャンスに向けて全員が真っ向勝負を挑んできますから、その中で勝ち残る為には、相手の人事担当者の心理を読み取った老獪でずる賢いテクニックを駆使した転職活動が必要になってくるのです。

人材会社で培った、40代がずる賢くなる為のテクニックを伝授したいと思う

「では具体的にどうすれば良いのか?」という疑問が出てくるかと思います。重要なポイントはこの後の記事で縦堀りして詳しく紹介をしていきたいと思います。

要点としては、人事担当者の点数の付け方の「ホントのところ」をご紹介したり、「人事担当者が本当に聞きたいと思っている盲点ポイント」などの紹介をしていきながら、40代の転職希望者がハッピーな転職を勝ち取るためのノウハウ、そして「知っておいた方が絶対にトクなコト」などをわかりやすく解説をしていきたいと思っています。

それに加えて、40代の転職者が転職ウイナーになる為の「心の割り切り方」などについてもご紹介をしていきたいと思っています。

私が40代で天職にありつけたのは、人材会社という「人事の現場」とも言える場所に4年間も居られた事が大きかったと考えています。もう私は転職をするつもりもないので、貴重なノウハウとも言える情報を全部公開してしまおうと思っています。

「最後のチャンス」とばかりに高校球児のように真っ向勝負を挑む40代転職者の必死な姿勢は素晴らしいとは思いますが、ちょっとずる賢くなるだけで、希望する職場に転職できるのも事実です。

現在の社会情勢や、転職活動現場での「ホントのトコロ」なども織り交ぜた、読み応えとハウツー色の強い記事をご紹介して行きたいと考えています。

次の記事>>面接は加点法ではなく減点法で行われると認識せよ

関連記事

40代転職者に求められるのは、若い世代を上手に育てるリーダーの器

新しい会社は若い人を教育できる、経験豊富な社員が不足している 「会社を立ち上げてやっと軌道に乗

記事を読む

tensaku-40-4-s

40代転職成功の秘訣は「4必2妥の法則」にあった!

これまで、40代の転職に関する総論的な話、そして面接官の心理状況などについて「元人材会社に勤めて

記事を読む

tensaku-40-2-s

40代転職面接は、加点法ではなく減点法で行われると認識せよ

40代の転職では、スキルPRの真っ向勝負よりも、老獪なずる賢いテクニックがより重要になるという話

記事を読む

tensaku-40-3-s

40代の転職者必見!面接官がホントに知りたい2つのコト

前回の記事にて、40代の方が転職をする際の注意すべきポイントについて解説をさせて頂きました。

記事を読む

tensaku-40-5-s

実務スキルはオマケ!企業が40代に求める5つの能力とは

40代の転職ともなれば、即戦力として活躍できるだけのスキルがある事が前提となって転職話が進められ

記事を読む

tensaku-40-6-s

元人材会社社員の40代転職活動実録!転職のプロはこうやって転職する!?

筆者が人材会社で営業社員として四年強仕事をしていた事は、既に別のコラムでも何度かご紹介をさせてい

記事を読む

tensaku-40-sam8

過去の栄光から脱却せよ!未来に目を向けるための思考の転換方法 前編

以前、40代転職面接では「話す内容に未来要素が少ない人」は減点対象になる、という話をご紹介したこ

記事を読む

過去の栄光から脱却せよ!未来に目を向けるための思考の転換方法 後編

未来に目を輝かせることができないのならば、転職などやめてしまうのも一案! 「未来に目を輝か

記事を読む

PAGE TOP ↑