40代の転職者必見!面接官がホントに知りたい2つのコト

公開日: : 最終更新日:2014/10/23 40代の転職講座

面接官が知りたい2つのこと
前回の記事にて、40代の方が転職をする際の注意すべきポイントについて解説をさせて頂きました。

面接官が加点をするポイントについて解説をした書籍などは多く存在しますが、「得点よりも失点を防ぐ」という切り口の参考書籍や情報は非常に少ないようで、40代での転職を考えている方、もしくは転職活動に苦戦をされている方の少しはお役に立てたのではないかと思っています。

前回の記事でもチラッと触れましたが、その「得点よりも失点を防ぐ」という部分に関して、もっと具体的にイメージをして頂けるように、「面接官が本当に知りたいこと」と「マネジメント力PR」という部分にフォーカスを当てて今回はご紹介をして行きたいと思います。

元人材屋、そして元人材屋として学んだ事を活かし、40代での転職を成功させた人間として提供できるノウハウやテクニックは今後もできる限り公開をしていきたいと思っていますので、今後にも期待をして頂ければと思います。

では、主題のテーマについて、解説をして行く事にしましょう。

面接官が本当に知りたい二つのこと:マネジメント力PR編

40代の転職希望者が面接に臨む際には、「加点よりもいかに減点を少なくするかに留意すべき」という事は前回の記事で紹介をさせて頂きました。

40代の転職においては、面接官の興味は転職希望者が持つスキル云々よりも、マネジメント力について集中する事は今更触れる必要もないでしょう。

ただし、ここでも多くの40代転職希望者が大きな減点に繋がるような勘違いをしているので、その部分を少し掘り下げて解説をしていきたいと思います。

転職時の面接での質問がマネジメント力やマネジメント経験に及ぶと、40代の方は「さあ、見せ場が来たぞ」とばかりに、身を乗り出して自分の管理職としての実績や功績を、水を得た魚のように活き活きと話をし出すようになります。

話は少々脱線しますが、私が人材会社にいた時には、メインは企業担当(会社を周って求人案件が無いか聞いてまわってくる業務です。一般の会社で言うと営業に当たります)として働いていましたが、時には人材担当として転職希望者との面接をした事もありました。

私との面接では、どんなに失敗をしてもらっても構わないのですが、そこで強く感じていたのは、「40代の人は、質問の主意をわかってない人が多いなあ」という風な事でした。

とにかくマネジメント面における自分の武勇伝や大ピンチの中での立ち回り成功談を必要以上にPRしてくるので、聞いているこちらがちょっと辟易としてきてしまう事が多々ありました。

私はその時にまだ30代半ばの若造でしたし、メインは企業担当でしたので、あえて苦言は呈さないでいたのですが、若いなりに「企業の面接官が知りたいのは、そんな武勇伝じゃないのになあ」とは感じていました。

企業の面接官が知りたいのは、武勇伝ではなく、マネジメントのスタイルだ

企業の面接官が知りたいのは、その人が経験や苦労によって培ってきたマネジメントのスタイルです。

極端な言い方をすれば、「あなたのマネジメント力に関してPRして下さい」と聞かれたら、「酒を飲んで部下の話を聞いてやる事です」と答えた方が、面接官が求める答えには近いものになります。

マネジメント力というものは、言い換えればコミュニケーション力という事になりますから、面接官は、管理者としてどのようなコミュニケーションスタイルやコミュニケーション技術をその人が持っているかを知りたいわけです。

「私は飲ミュニケーション専門です」と答えた方が正解に近くなると言う意味がお分かり頂けたでしょうか?

前回の記事でも触れさせて頂きましたが、このように面接官の意図する所に対して要求通りの回答をしていかないと、大きな減点に繋がるようになってしまいます。

過去の管理能力に関する実績は確かに重要ではありますが、「所変われば品変わる」で、新しい職場で全てが違う環境の中では、過去に築き上げた実績と同じ功績を残す事は至難の技だという事は企業の人事担当者(つまりは面接官)が一番よく知っています。

その空気がお互いに分かりあった中で質疑応答を繰り返す「空気感の共有」というか「空気感の維持」というものが40代の転職希望者には要求されるので、この部分に関しては注意をするようにした方が良いでしょう。

話をマネジメント力に戻しますが、要は面接官が知りたいのは、どこの組織でも応用ができるマネジメント手法に関するあなたの考え方そのものなのですから、問題が発生した時の解決方法などに関して、自分がいつも心掛けている事などを明解に説明するようにすると良いでしょう。

「私は傾聴の大切さを身を持って理解しています。ですから、組織がうまく回転しなくなった時には、まずは部下にヒヤリングし、傾聴に徹して、どのような点に不具合の原因が潜んでいるかを徹底的に探るアプローチ手法を取ります。時にはお酒の力も借りますし、相手に付き合って吸えないタバコを吸いながら、良い空気感の中で傾聴するようにしています。そして、問題点が現出した瞬間に傾聴スタイルを停止させ、一気に質疑応答スタイルに切り替えます。この方法で何度も危機を乗り越え、組織をまとめてきました。」

面接官が知りたいコト、つまり模範回答はこのようなイメージの内容になります。

これならば、どこの組織でも応用ができますし、面接官が本当に知りたいと思っている事への明確な回答にもなっています。

「全く新しい組織では、すぐに組織を束ねるなんて無理ですよね」という事をお互いに理解はしながらも、それは口には出さずに相手の聞きたいことと自分の言いたい事を融合させる。

高度な技術ですが、これを面接官の前でやってのければ、イコール「この人のマネジメント能力は本物だ」と面接官が身を持って理解してくれる事になりますから、これが最高のプレゼンパフォーマンスにもなります。

ダラダラと過去の実績だけを並べる無意味さや、大幅減点をされてしまう理由がご理解頂けたのではないかと思います。

面接官が本当に知りたい二つのこと:経営視点力編

このテーマも実はマネジメント能力とも連動してくるのですが、この経営視点力に関しても面接官が本当に知りたいと思っている能力に関するトピックですので、引き続きご一読を頂ければと思います。

40代の転職希望者が企業に求められるのは、極端な言い方をしてしまうと、スキルや実績ではなく、マネジメント力と経営視点力に関する能力が9割を占めると言っても過言ではないかもしれません。

経営視点とは、すなわち、経営者の考える方向性に対して、自分の意識を上手に適合させて行く能力の事です。

ここで誤解をして頂きたくないのですが、経営視点力と「イエスマンになること」は別物ですので、注意をして頂きたいと思います。

40代が組織に入れば、上の考えを常に自分の中で咀嚼し消化吸収して下に伝達して行く役割が期待されるわけですが、その能力は40代では教えても伸びしろがもう無い部分になるので、面接官も一発勝負でこの能力に関して突っ込んだ質問や意地悪な質問をしてきます。無理難題を吹っかけられた際の処理能力をみようとするわけです。

相手が何の意図を持って意地悪な質問をしているのかがわからないと、しどろもどろになってしまったりトンチンカンな答えを並べてしまい、一番加点が稼げる所で逆に大減点を食らってしまいますので、経営に関わるような難しい質問を投げかけられたら、「よし、来たな」くらいの余裕を持つようにして冷静に対応をするようにすると良いでしょう。

企業が求めるのは咀嚼筋と消化吸収が発達した顎と胃袋の持ち主ですから、面接官が無理難題な質問を投げかけてきたら以下のような対応をするのがベストです。

「経営会議で自分に納得がいかない決定がなされたとします。あなたはどうやって対応をしますか?」
「経営に関わる決定ですから、おかしいなと思う点があっても、まずは自分自身の中で消化吸収をするように努めます。しかし、どうしても消化吸収できない箇所があったならば、反対意見という形ではなく、自分の消化吸収を助けるための追加情報を求める質問はさせて頂くと思います。」

このような回答がベストです。ここで「会社の決定ですから・・」などと言った優等生ぶった回答をしてしまうと、相手の面接官は白けてしまいます。

健全な企業であれば、40代の新戦力には、経営陣に対して意見を同化させる基本姿勢は持ちつつも、納得がいかない場合にはトコトン消化できるまで経営陣に質問を投げかけるスピリッツを期待しますので、「新入りがトンがったら」などとは考えないようにすることが重要です。

反対ばかりしていては組織では浮いた存在になってしまいますが、「俺は納得したい!だから、納得いくまで説明してくれ!」というスピリッツの持ち主が組織で浮き足立つ事はありません。

「質問力」という言葉が最近では流行していますが、40代の転職希望者には、まさにその質問力というものを組織で存分に発揮する能力が求められるのです。

マネジメント力と経営視点力があれば、スキル不足は補える!

このように見てくると、40代の転職希望者に対して企業がどのような能力を求めているかが、だいぶ明確にイメージできるようになったのではないかと思います。

私が企業担当をしていて、得意先の人事担当者から「いい人いないかなあ」と問われた時には、スキルは第二で、第一にマネジメント力と経営視点力を明確にPRできる人を推薦すると、だいたい喜んでもらえる事が多かったです。

IT全く未経験の40代の方を、ガチガチの技術会社に送り込んでうまく行ったケースも何度もありました。

「自分はスキルがないからなあ」と思っている方は、企業が40代に求めるスキルと、自分が「持っていないとダメだと思い込んでしまっているスキル」の間に乖離がないかどうかを、一度精査してみると良いでしょう。

転職サイトやハローワークなどの転職相談に出向くと、自分の知らなかった「意外に高い評価をされるスキル」を発見してもらえる事も多々あります。諦めてしまう前に、相談だけならば無料で受け付けてもらえるので、このようなサービスを利用して見るのも一案です。

アウトソーシングが発達して、実は実務スキルよりも、人間力スキルが重要視される傾向はどんどん高くなってきています。

組織の中核を担える40代の戦力が重要視される時代が到来しつつありますので、ぜひとも前向きな思考を持って頂ければと思います。

次の記事>>成功の秘訣は「4必2妥の法則」にあった!

関連記事

過去の栄光から脱却せよ!未来に目を向けるための思考の転換方法 後編

未来に目を輝かせることができないのならば、転職などやめてしまうのも一案! 「未来に目を輝か

記事を読む

tensaku-40-sam8

過去の栄光から脱却せよ!未来に目を向けるための思考の転換方法 前編

以前、40代転職面接では「話す内容に未来要素が少ない人」は減点対象になる、という話をご紹介したこ

記事を読む

tensaku-40-4-s

40代転職成功の秘訣は「4必2妥の法則」にあった!

これまで、40代の転職に関する総論的な話、そして面接官の心理状況などについて「元人材会社に勤めて

記事を読む

40代転職者に求められるのは、若い世代を上手に育てるリーダーの器

新しい会社は若い人を教育できる、経験豊富な社員が不足している 「会社を立ち上げてやっと軌道に乗

記事を読む

tensaku-40-6-s

元人材会社社員の40代転職活動実録!転職のプロはこうやって転職する!?

筆者が人材会社で営業社員として四年強仕事をしていた事は、既に別のコラムでも何度かご紹介をさせてい

記事を読む

tensaku-40-2-s

40代転職面接は、加点法ではなく減点法で行われると認識せよ

40代の転職では、スキルPRの真っ向勝負よりも、老獪なずる賢いテクニックがより重要になるという話

記事を読む

tensaku-40-5-s

実務スキルはオマケ!企業が40代に求める5つの能力とは

40代の転職ともなれば、即戦力として活躍できるだけのスキルがある事が前提となって転職話が進められ

記事を読む

tensaku-40-1-s

元転職アドバイザーが、40代転職を成功させるハウツーを全て開示する

人生をドブには捨てないで! 「40代の転職」と聞くと、どなたもが「難しい」「自分には無理」など

記事を読む

PAGE TOP ↑