40代転職成功の秘訣は「4必2妥の法則」にあった!

公開日: : 最終更新日:2014/10/23 40代の転職講座

成功の秘訣は4必2妥の法則
これまで、40代の転職に関する総論的な話、そして面接官の心理状況などについて「元人材会社に勤めていた人間の目線」からご紹介をさせて頂きました。

40代の転職は確かにハードルが高く、厳しいものではあるのですが、面接官の心理を読みきった40代らしい「少々小ずるい方法」を用いれば、難関も突破できるということがご理解頂けたのではないかと思っています。

しかし、これまで述べて来たのはあくまでも相手の心理、そして相手の出方に対する対処テクニックです。40代の転職では、これらの他にも自分の心理をコントロールする事も重要になります。

30代までは、勢いや出たとこ勝負という要素があっても補正をする時間があるので何とかなるものですが、やり直しが効かない40代では、そうはいきません。キチンと自分の感情をコントロールし、納得と妥協の境目を明確にして転職先選びをしないと、あとで後悔をする事になります。

今回は40代の転職活動に関して、「4必2妥」というキーワードを用いて、自分の感情をコントロールする方法について解説をしていきたいと思います。

転職者の心理で最も大切な「4必2妥の法則」とは?

40代の転職では、「後がない」とか「もうやり直しは効かない」といった、ちょっと精神的に圧迫感を感じてしまうような要素がどうしても多くなってしまいます。少ない中から自分がトライをしてみたいと思う案件を見つけた時、また、やっとの思いで内定を勝ち取った時、邪魔になるのがそれらの圧迫感です。プレッシャーが大き過ぎて、自身の判断基準がブレてしまう事が往々にして起こるのです。

その判断基準をブレさせないようにするには、自分との約束事を事前に作っておくことが重要になります。この決まり事の事を、私がいた人材会社では「4必2妥の法則」という風に呼んでいました。具体的にこの「4必2妥の法則」について説明をしていく事にします。

転職を決意したならば、自分が転職先に希望する条件や要素を紙に書き出してみて下さい。どんな小さな事でもOKです。頭で思い浮かべるのではなく、必ず紙に書き出してみるという作業が重要です。

「年収は前職より2割はアップさせる」
「モチベーション維持のために、基本給よりもボーナス評価を重視する会社に入る」
「家族との時間を大切にしたいので、残業は週に10時間以内、休日出勤も年に6日以内」
「親の介護の問題があるので、出張がある案件はダメ」
「子供が良い友だちに恵まれているので、転勤がない会社」
「基本給が下がっても、福利厚生が充実している会社ならOK」
など、書き出していってみるとゾロゾロと必須条件が出てきます。

この時には、周囲に見られたら恥ずかしくなってしまうような事でも書き出してみることが重要です。
「受付嬢が美人」
「オフィスのデスクのメーカーは国内メーカー」
など、他の人が見たら「そんなの重要かあ?」と思われてしまうような事でも書き出して見てください。

この書き出す作業が終わったならば、何個出たか数えてみます。条件が6個以上出た場合には、上位6位の絶対に譲れない必須条件を選び出すようにします。

ここではどれだけ時間をかけても構いません。以前にご紹介した面接官の心理を見抜く技術や、それに対応するテクニックも重要ではあるのですが、自分の転職コンセプトをブレさせないようにするこの作業も、幸せな転職を達成させる為には物凄く重要な作業になりますので、どれだけ時間をかけてもらっても構いません。

これで、「4必2妥の法則」の準備は完了です。

案件の数、転職コンサルタントのアドバイス、突然舞い降りた魅力的な案件などで自分の考えがブレてしまう事が起こり得ますが、何があっても、選び出した6つの条件を変える事をしてはなりません。ただし、挙げた条件の中で2個までは妥協をしてもOKです。ここが「4必2妥の法則」の最大のミソになる所です。

40代の転職では、自身の絶対に譲れない必須条件と妥協しなければならない柔軟性をいかにバランスよく同居させるかが勝敗を大きく分ける事になります。そのバランスを絶妙にコントロールしてくれるのが「4必2妥の法則」なのです。

挙げた6つの条件の中で、4つは絶対に譲らないようにして(4つの必須)、かつ、妥協点はどんな場合でも最大2つ(2つの妥協)までに設定をしておきます。この4-2の割合を頑固に守るようにしておけば、転職した後に「しまった!」などという事態になることを避けられるようになります。

「4必2妥の法則」を重視しないと、転職が決まっても幸せにはなれない

私が人材会社に居た時には、登録に来た40代の人材の方には必ずこの「4必2妥の法則」を伝授して、実践をしてもらうようにしてもらっていました。

中には残念ながら真面目に考えて頂けない方もいたのですが、そういう方は挑戦する案件選びの段階から迷いのドツボにハマってしまったり、仮に内定が出ても短期間で辞めてしまうなど、ハッピーな顛末にはならないケースがほとんどでした。

最初はもっと幸せになりたいが為に転職活動を始めたはずなのに、いつしか「転職をする事」が最大の目標に変わってしまうのです。それが40代の転職希望者の方に見られる典型的な悪しき傾向でした。

40代の転職では、自分の条件を100%満たしてくれる案件に出会う事は極めて難しくなります。必ず妥協しなければならない面が出てきますので、「4必2妥の法則」を利用して事前に自分の転職コンセプトを決めておくことは本当に重要な作業になります。

2個までの妥協であれば、転職後に後悔をするケースは殆ど生じませんが、法則を破って3個妥協をしてしまうと、とたんに「不幸な転職」になる確率が跳ね上がってしまいます。

元人材屋さんの事情で語らせて頂くと、そのように短期で自分が推薦した人材が辞めてしまうと、非常に困ってしまう事になるのです。人材会社は自分の会社に登録をしてくれた人材が転職を達成すると、転職先の企業から「紹介料」という形でフィーを貰い会社は利益を上げるわけですが、短期で辞められてしまうと、この紹介料を払ってもらえなかったりします。

代替人材が見つかれば無料で紹介して勘弁してもらうようにするのですが、この代替人材というのが中々見つからないので、私のような営業社員が手土産を持って先方の企業の人事担当者に頭を下げに行くことになります。散々嫌味を言われ、しかも紹介料ももらえなくなるので、必然的に私のボーナスや査定も影響を受ける事になります。幸せな転職をしてもらわないと、人材会社の社員も幸せになれないのです。

転職の目的、動機をブレさせるな!

繰り返しになりますが、40代の転職では、活動中の焦りや厳しい状況から、本当の転職の目的を見失ってしまいがちになります。幸せになることよりも、「転職希望先から内定をもらう」事に頭の全てが行ってしまうようになるのです。

そのような中で多くの妥協をして転職先を決めても、安心感や満足感が得られるのは初出勤日までの短い間だけになってしまいますので、それだけは避けるようにして頂きたいと思います。

妥協はしても構いませんが、とにかくその数は最大でも2個までにする。そして、最低でも自分の挙げた必須条件の4個は満たすような転職先を選ぶようにする。

選んでいる余裕などないのが40代の転職事情かも知れませんが、そんな時はご自身の初心に帰ってみることが何よりも重要になります。

迷いが出た時には、この「4必2妥の法則」の話を思い出して頂き、是非とも「幸せな転職」を果たして頂ければと思います。

次の記事>>実務スキルはオマケ!企業が40代に求める5つの能力とは

関連記事

過去の栄光から脱却せよ!未来に目を向けるための思考の転換方法 後編

未来に目を輝かせることができないのならば、転職などやめてしまうのも一案! 「未来に目を輝か

記事を読む

tensaku-40-3-s

40代の転職者必見!面接官がホントに知りたい2つのコト

前回の記事にて、40代の方が転職をする際の注意すべきポイントについて解説をさせて頂きました。

記事を読む

tensaku-40-sam8

過去の栄光から脱却せよ!未来に目を向けるための思考の転換方法 前編

以前、40代転職面接では「話す内容に未来要素が少ない人」は減点対象になる、という話をご紹介したこ

記事を読む

tensaku-40-1-s

元転職アドバイザーが、40代転職を成功させるハウツーを全て開示する

人生をドブには捨てないで! 「40代の転職」と聞くと、どなたもが「難しい」「自分には無理」など

記事を読む

tensaku-40-2-s

40代転職面接は、加点法ではなく減点法で行われると認識せよ

40代の転職では、スキルPRの真っ向勝負よりも、老獪なずる賢いテクニックがより重要になるという話

記事を読む

40代転職者に求められるのは、若い世代を上手に育てるリーダーの器

新しい会社は若い人を教育できる、経験豊富な社員が不足している 「会社を立ち上げてやっと軌道に乗

記事を読む

tensaku-40-6-s

元人材会社社員の40代転職活動実録!転職のプロはこうやって転職する!?

筆者が人材会社で営業社員として四年強仕事をしていた事は、既に別のコラムでも何度かご紹介をさせてい

記事を読む

tensaku-40-5-s

実務スキルはオマケ!企業が40代に求める5つの能力とは

40代の転職ともなれば、即戦力として活躍できるだけのスキルがある事が前提となって転職話が進められ

記事を読む

PAGE TOP ↑