元人材会社社員の40代転職活動実録!転職のプロはこうやって転職する!?

公開日: : 最終更新日:2014/10/23 40代の転職講座

転職のプロはこうやって転職する
筆者が人材会社で営業社員として四年強仕事をしていた事は、既に別のコラムでも何度かご紹介をさせていただいています。

そんな私は、実は40代の時に転職を果たして、今は人材業界とは全く違う業界で仕事をさせてもらっています。早い話が、私は「40代での転職経験者」だという事です。

本サイトの制作に当たって、各所で取材を兼ねた情報収集を行っていたのですが、行く先々で言われたのが次のような内容の事でした。

「40代での転職ノウハウ、テクニックの公開も興味深いけど、人材会社の社員だったあなたの転職実録にも、読者の人は関心があるんじゃないの?」

お世話をさせて頂いた40代の転職希望者の方達にアドバイスした内容、「こうした方が人事担当者は喜ぶのになあ」と感じた内容をこれまで取りまとめてご紹介をさせて頂いて来たのですが、言われてみれば確かにそのようなニーズもあるかと強く感じました。

今回は本コラム内にノウハウ色の強い実録体験談として、私の40代での転職活動記録を公開していきたいと思います。

転職の準備期間を十分過ぎるほど確保した

私は転職を決意してから、約1年間という準備期間を設定し、転職活動に臨むようにしていました。

40代ともなれば、転職というものはリスクを伴う人生の大英断ですので、まずは周囲の同意を取り付けるように立ち振るまいました。

通常は三ヶ月くらいに、長い人でも半年くらいというのが一般的な40代の転職準備期間という事ができるかと思いますが、現場を知りすぎている元人材マンとしては、1年という準備期間が最も妥当だと感じました。

周囲の理解を取り付け、自己分析、業界分析をしながら、ある程度の根回しなども進めていくと、半年という時間はあっという間に過ぎてしまいます。

先に仕事を辞めてしまい、プレッシャーの中で転職活動を進めた方が自分には合うという人も多いかと思いますし、そもそも差し迫った転職で1年の猶予なんてとても作れないという人も多いかと思います。

ですが、可能な限り準備期間は長めに設定するようにした方が、良い結果が出る確率は高くなると私は理解しています。

「40代の転職はとにかく準備が全て」。そう言っても過言ではないと言えるでしょう。

40代の転職活動初期はハローワークをうまく使った

私が40代での転職をするに当たって、最も役に立ったのがハローワーク、いわゆる公共職業安定所でした。

と言っても、元人材屋から言わせてもらえば、ハローワークの転職支援サービスはお世辞にも褒められたレベルにはありませんので、情報収集の場としてうまく使ったというのが正しい表現になるかもしれません。

転職を決意してから、私は時間を見つけてはハローワークに出向くようにしていました。最近では、土曜日でも開設しているハローワークも増えてきたので、在職転職活動者にはとても便利な時代になったものだと感じました。

ハローワークに行って私がやっていたのは、ブラック企業の識別と人気案件の調査です。

ハローワークの求人情報はとても粗っぽい情報が多いのですが、粗っぽいが故に様々な情報が広く浅く集められるようになります。

私が見ていたのは、給料設定の幅と求人票が出てくる頻度です。ここにブラック企業を見分けるポイントが隠されているからです。

ハローワークの求人票をみると、やたらと給料設定の幅が広い求人案件が結構な数出ています。「18万?45万」など、倍以上給料設定の幅がある案件を結構見かけます。

このような求人票を見かけたら、私は印刷をして保管をしておくようにしていました。会社名も全て印刷できますので、非常に有効なデータベースになります。

私は人材会社に居る時代には、時間が許せばハローワークに求人票を出している企業にもよく営業をかけていたのですが、この給料設定の幅が広い企業の人事担当者に会ってみると、あまりいい思いをしなかった事が多かったです。

人材戦略も甘く、経営戦略の視点も甘い会社が多かったので、そのような会社に登録者の方をお世話しても、転職が決まったあとにはあまりいい顔をもらえなかったという苦い経験もありました。

そのような身に染みる苦い経験があったので、私は給料設定の幅が広い会社は、選択肢から避けるようにしていました。

それに合わせて、ハローワークに足繁く通っていると、年中求人を出している企業も見抜けるようになってきます。

一生懸命人を集めようと努力している企業は、ハローワークの求人票であっても、なんとかいい人に来てもらおうと、少ないスペース内でも言い回しを変えたりして印象変化の努力をするものなのですが、いい加減な会社だとそのような努力はあまりしません。

ですから、いつみても求人票の内容が同じなので、必然的に「あれ?ここ、前にも見たぞ」というフィルターに引っかかるようになるのです。

そういう努力を怠る会社は、人材に対しても人を人と思わないような扱いをするケースが多い印象を私は持っていましたので、そのような企業も「ブラック」として自分のデータベースにストックをしておきました。

このデータベースが、人材会社に登録した時や転職エージェントに登録した時に物凄く役に立ったので、みなさんにもオススメできる方法だと思っています。

インターネットサービスにはない、ハローワークに出向かないと見れない求人票も結構ありますので、やはり、努力は惜しまずにハローワークにも通うようにすれば、有効な転職情報が得られるようになるかと思います。

転職エージェントは「合う人」が見つかるまで徹底的に探した

私は人材会社に在籍をしていましたので、最初、人材会社や転職エージェントに登録に行っても、「スパイじゃないか?」という風に思われた事もありました。

自分自身の強い「転職への思い」を説明する事で、そのような誤解は溶けてはくれたのですが、私は私を迎えてくれる人材会社、もしくは転職エージェントの担当者(コンサルタント)を徹底的に観察するようにしていました。

私がいた人材会社にも、様々なコンサルタントがいて、ビジネスライクな人、じっくり腰を据えて登録者と向き合う人、案件だけは本当に豊富に持っている人など、様々なタイプのコンサルタントがいました。

私は営業がメインでしたので、仕事の八割は企業の人事担当者とのやり取りでした。しかし、登録繁忙期の四月や十月には、コンサルタントの業務もヘルプ的にこなしていたので、人材会社のコンサルタントの生態というものがどのようなものかは、裏の裏まで身に染みて理解をしていました。

そのような背景がありましたので、私は徹底的に転職エージェントのコンサルタント選びに時間を割くようにしていました。

基本、波長の合う転職コンサルタントに相談をするようにしないと、40代での良い転職は成就できないだろうというのが私の見解です。

40代になると、素直に言えない事、相談できない事というのがたくさん出てくるようになります。

40代になると、転職コンサルタントも自分よりも年下の人が多くなりますので、「何でも相談できる」という状況はさらに作りにくくなります。

そのような状況は良い転職先を見つけるためにはふさわしくありませんので、ここでは徹底的に時間と労力をかけるようにするのが良いと思います。

私の場合は、自分に合う転職コンサルタントと出会うまでに三ヶ月かかりました。みなさんの場合は人材会社(転職コンサルタントからすれば同業者ですね)に在籍していると言った事情は無いでしょうから、もう少し見つけやすいかとは思いますが、それでもある程度は時間がかかると思っておいた方が良いかと思います。

波長が合う転職コンサルタントを見つける事ができれば、転職活動の質もスピードも格段に速くなります。

「この人なら相談しやすい」と言い切れる転職コンサルタントが見つかるまで、人材会社や転職エージェントに登録しまくる事を強くオススメしたいと思います。

完全異業種への応募でこそ、自己分析は効率的に進む!

私が転職活動を本格化させ、面接などを受ける時期に入った時には、自己分析を効率化させるために全くの異業種への応募も積極的にするようにしていました。

40代で全くの意業種への転職は勝算がかなり低くなるのですが、応募にあたって色々と自己分析を行うと、「本命企業向けに使える盲点の自己PRネタ」が結構見つかったりしたので、手間はかかりますがとても良い方法だと思いました。

私は人材会社の営業から、本命であった商社への転職を成功させたのですが、そこでもIT企業や設備会社など、全くの未経験意業種をトレーニング的に受けた事が大きな勝因になりました。

異業種に応募をするためには、志望動機から自己PRネタ、これまでサイト内でご紹介したようなマネジメント能力やクレーム処理能力などについてのプレゼンがとても難しくなってきます。

未経験意業種ですから、人材会社にいた私でさえも、なかなか面接官の想定質問というのが予想できずにいました。

それに対応するためには、同業種に転職をする場合の何倍もの調査、勉強をしなくてはなりませんので、必然的に準備に充てる時間が長くなります。

私は転職コンサルタントに相談をしながら準備の質を高めていったのですが、そのような取り組みのおかげで、やりたかった商社の仕事というものに未経験でありながら就けたのだと思っています。

自己分析と一言で言っても簡単な作業ではありませんので、同業種に転職を希望されている方でも、自己分析ブラッシュアップの良い方法になると思いますので、あえて選択肢に未経験意業種も入れてみるという方法を検討されると良いかと思います。

面接グッズにはすごいお金をかけました

私は転職グッズ、つまりはスーツやワイシャツ、靴にカバンなどと言った「面接官の目に直接とまるもの」に関しては徹底的にお金をかけるようにして転職活動を行っていました。

これは私が人材会社にいる時に、私が40代の転職希望者の担当になった時にアドバイスをしていた内容でもあるのですが、どうでもいいことのようで実はかなり有効な方法でもあるので、ぜひとも参考にして頂ければと思います。

企業の人事担当者と一緒にお酒を飲んでいたりすると、結構面接者の見てくれに関する話題に華が咲くことがあります。

「今日の面接に来た人のスーツの着こなしが素晴らしかった」とか、「高そうなカバンと靴を履いていたなあ」とか。

キラキラ輝く実績とか、身を乗り出してしまうようなスキルの話も良いのですが、企業の人事担当者たちは、朝から晩まで、しかも一年中そのような話ばかりを聞かされているので、ちょっとした変化球的なイメージの方に強い興味を抱くようになるのです。

もちろん、良いスーツを着て面接に臨めば誰しもが面接試験をパスできるという話ではないのですが、結構な加点、プラスの印象をゲットできるという現実は実際に存在しています。

十何万円(私は20万円かけましたが、そこまでは必要ないかもしれません)の投資で貴重な加点が得られるのならば、私は高くない投資だと考えていましたが、みなさんはどのようにお考えになるでしょうか?

40代の転職ともなれば、どうしても企業の人事担当者の目線は年齢というものに集まるようになります。

女性もそうですが、男性の場合では特にスーツやカバン、靴というものを精錬させる事で、実際の年齢よりも若く見えるようになるのは事実です。

時計であっても、別に高級ブランド時計は身に付ける必要はありませんが、それなりのものを身に付けるようにすると、相手には若さと精錬されたイメージを植えつける事ができるようになります。

このような「お金で変える武器」にはお金を惜しまずに使う。その気概が40代には要求されるのではないかと私は考えています。

結局は「準備」がすべてを決める

私が実際に転職活動を行った際には、本サイト内で紹介をさせて頂いたようなテクニック的な内容も存分に駆使しましたし、本コラムにあるようなハロワの有効利用、転職エージェントとコンサルタントへの徹底的なこだわりなど、自分の持っている経験と知識を目一杯使って転職活動を行いました。

しかし、それらが有効に機能してくれたのも、様々な準備を行う時間を十分に確保し、準備の質を徹底的に高めるように留意をしたからだと思ってます。

良い準備をしておくと、どんなことにも冷静に自信を持って対応できるようになります。私は、企業が40代の転職希望者に求めるものが、そこに凝縮されているのではないかと思っています。

準備の重要性を理解し、実際に良い準備を実践できる。

20代、30代の人にできそうでできないこのスキルこそが、40代の人には求められているのではないかと私は考えています。

今回は筆者の40代での転職活動実録をノウハウ色を強めて公開させて頂きましたが、体験談故に公開がしやすかった内容もかなり多くありました。

これまでのノウハウ、テクニック系コラムの内容と併せて、私と同じ40代のみなさんの転職活動の参考にして頂ければと思います。

関連記事

tensaku-40-5-s

実務スキルはオマケ!企業が40代に求める5つの能力とは

40代の転職ともなれば、即戦力として活躍できるだけのスキルがある事が前提となって転職話が進められ

記事を読む

40代転職者に求められるのは、若い世代を上手に育てるリーダーの器

新しい会社は若い人を教育できる、経験豊富な社員が不足している 「会社を立ち上げてやっと軌道に乗

記事を読む

tensaku-40-3-s

40代の転職者必見!面接官がホントに知りたい2つのコト

前回の記事にて、40代の方が転職をする際の注意すべきポイントについて解説をさせて頂きました。

記事を読む

tensaku-40-4-s

40代転職成功の秘訣は「4必2妥の法則」にあった!

これまで、40代の転職に関する総論的な話、そして面接官の心理状況などについて「元人材会社に勤めて

記事を読む

tensaku-40-2-s

40代転職面接は、加点法ではなく減点法で行われると認識せよ

40代の転職では、スキルPRの真っ向勝負よりも、老獪なずる賢いテクニックがより重要になるという話

記事を読む

過去の栄光から脱却せよ!未来に目を向けるための思考の転換方法 後編

未来に目を輝かせることができないのならば、転職などやめてしまうのも一案! 「未来に目を輝か

記事を読む

tensaku-40-1-s

元転職アドバイザーが、40代転職を成功させるハウツーを全て開示する

人生をドブには捨てないで! 「40代の転職」と聞くと、どなたもが「難しい」「自分には無理」など

記事を読む

tensaku-40-sam8

過去の栄光から脱却せよ!未来に目を向けるための思考の転換方法 前編

以前、40代転職面接では「話す内容に未来要素が少ない人」は減点対象になる、という話をご紹介したこ

記事を読む

PAGE TOP ↑